養育費の相場とは?計算方法について解説【養育費自動計算機】

配偶者(夫・妻)から受け取れる養育費を計算できる無料ツール

養育費計算機を使って今すぐ元配偶者(夫・妻)から毎月受け取れる「養育費」を計算しませんか。このツールでは、「義務者(養育費を払う側)」「親権者(養育費を受け取る側)」のどちらも計算することができます。

義務者
(養育費を払う側)
就業形態
年収 万円
引き取る子どもの人数
14歳以下
15歳以上
権利者
(養育費を受け取る側)
就業形態
年収 万円
引き取る子どもの人数
14歳以下
15歳以上

*計算結果は目安となります。

養育の決まり方

養育費は以下の4つの条件で決まります。

・子供の年齢・人数:年齢が高くなるほど養育費も高くなる
・義務者の年収:義務者の年収が高いほど養育費も高くなる
・親権者の年収:親権者の年収が低いほど養育費は高くなる
・自営業者か給与所得者か:給与所得者のほうが養育費は高くなる

この養育費計算機は裁判所の「養育費算定表」をもとに算出します。

【参考】:養育費算定表|裁判所

養育費の相場とは

前段で述べたように養育費は4つの条件で決まります。それぞれの条件で変わりますが、日本国内における費用相場は月4~8万円が多くなっています。

養育費用を上げたいならば、「直接交渉をする」「弁護士に依頼して交渉する」ということになります。また、費用を上げるべき正当な理由があるならば家庭裁判所に申し立てをおこないます。

妻・夫の浮気による離婚の場合、養育費の金額は変わらない

夫・妻の浮気が原因で離婚した場合、養育費も増えるのではないかと考えがちです。しかし、例え、相手の浮気・不倫が原因でも養育費の金額や相場に影響はありません。

あくまで浮気は慰謝料によって解決するというのが原則です。養育費は親権者も相応の金銭を負担すべきという考え方になります。

養育費を払うべき夫・妻の住所がわからない場合には探偵に相談を

別れた夫・妻に養育費を払ってほしいのに住所がわからないというケースは非常に多くなっています。このまま泣き寝入りしては、子供の養育費を成長するまで一人で負担しなければなりません。

もしも、相手の居場所を突き止めたいならば、探偵に人探し調査を依頼するという方法があります。探偵ならば、氏名、職業などから迅速に相手の住所を探し出してくれます。

また、離婚の原因がそもそも浮気ならば慰謝料請求ができる可能性もあります。お困りならば、まずは人探しに強い探偵に相談してみませんか。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名原一探偵事務所HAL探偵社総合探偵社AMUSE(アムス)
画像原一探偵事務所HAL探偵社総合探偵社AMUSE(アムス)
対応地域全国対応(18支店)全国対応(18支店)全国対応(9支店)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
料金トライアル:50,000円~調査員1名:7,000円~調査員1名:7,500円~
調査実績10万件~5万件~2.5万件~
ローン
クレジットカードJCB、visa、Master、AMEXJCB、visa、Master、AMEXvisa、Master、AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
タイトルとURLをコピーしました
信頼性が高い探偵を比較 お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す 47都道府県から探す