GPSロガーで浮気調査 – 車の位置情報を記録する方法

GPSロガーで浮気調査 - 車の位置情報を記録する方法

浮気現場を何とかして特定したい、そんな時に試してほしいのがGPSロガー(位置情報を自動記録発信)です。

使用方法はいたって簡単であり、車にGPSロガーを取り付ければ、浮気している夫(妻)が車で辿った経路を記録して残してくれるのです。

浮気現場がどこなのかを自分で特定したいなら最強のツールと言えるでしょう。この記事では、GPSロガーを使った浮気現場の特定方法について解説します。

探偵SOS バナー

GPSがあれば個人でも浮気調査ができる

これまでは夫(妻)に浮気の可能性があるとしたら、自ら尾行して追跡する。探偵に依頼して尾行してもらうというのが当たり前でした。

しかし、GPSを利用すれば尾行せずとも浮気現場がどこなのかを特定することができます。GPS(ジーピーエス)とは、人工衛星を使って、位置情報を特定できるシステムのことです。今では、誰もが簡単に安価にGPS機器を購入することができます。

このGPS機器があれば、素人でも今すぐ浮気調査ができるのです。

浮気現場を特定する最強武器がGPSロガー

GPS機器の中でも、浮気調査をバレずにできる優れものが「GPSロガー」です。GPSロガーとは、車に設置すれば、その移動経路を記録して残してくれます。電波が入るエリアなら、ほぼ間違いなく精度が高い記録が残ります。

多くの登山者やツーリング愛好者にも道迷い・遭難防止として利用されていますが、浮気調査の隠れたツールとして密かに人気が出てきています。

素人でも浮気の現場をおさえることができるGPSロガーの使用方法を見ていきましょう。

GPSロガーは誰でも簡単に操作できる

GPSロガーはいろんな種類のものがあり、ネット通販などで簡単に購入することができます。

もし、浮気調査で使うなら、強力な磁石が付いた車の車体裏に取り付けるタイプのGPSロガーがお薦めです。これなら、簡単に設置できますし、強力磁石のため走行中にはずれることはまずありません。

GPSロガーを車に設置すれば、後は、その車の走行ルートが自動的に記録されます。機器によっては一定時間停止していた際に、停止場所と時間が表示されるものもあります。

その後は、GPSロガーを取り出してパソコンにつなぎ、備え付けの専用ソフトを通して、グーグルマップ、グーグルアース上で移動経路を見ることができます。疑わしい場所をグーグルマップ上で拡大表示すれば、どこに行ったのか住所も知ることができます。

さらに、その建物が何かをもっと詳しく知りたければ、グーグル・ストリートビューを使えば、建物の写真を見ることもできます。ですので、ラブホテルに行って休憩していた場合には、その浮気現場となったホテルを特定することができるのです。

GPSロガーなら、夫(妻)にばれる可能性は限りなく低く浮気現場の特定ができます。

原一探偵事務所は【国内18拠点】全国どこでも調査いたします!
北海道・東北エリア 札幌 | 仙台
北関東エリア 大宮 | 川越 | 高崎 | 水戸
南関東エリア 東京(日本橋) | 新宿 | 横浜 | 千葉
中部エリア 名古屋 | 静岡
関西エリア 大阪 | 神戸
中国・四国エリア 岡山 | 広島 | 松山
九州エリア 福岡

探偵も利用するGPSロガー

GPSロガーは浮気調査の際に探偵も利用しています。探偵が使用するGPS機器は高額なものが多いですが、ネット通販などには探偵も利用できるぐらいの高品質なGPSロガーが1万円台~販売されています。

また、ネットなどには高性能なGPSロガーをレンタルで貸し出してくれる業者もあります。短期間の調査として利用するならレンタルを利用するのも一つの方法です。

GPSロガー使用の注意点

GPSロガーはその値段もピンきりです。安い機器になると、電波が微弱な場所では情報を取得できない、設置場所が悪ければ電波をキャッチできない、などの問題が起きるケースがあります。

せっかくの浮気現場特定のチャンスを逃すことにもなりかねません。安過ぎるものは品質もそれなりですので、避けた方が良いでしょう。

また、注意したいのが取り付け忘れです。例えば、夫が車検に出したり、車の故障などで修理に出したときに、GPSロガーを設置していたことが発覚する可能性があります。くれぐれも使用毎に車から取り外すようにしましょう。

GPSアプリは危険

GPSロガーはあくまでログ(記録)を参照するための機器です。リアルタイムに対象者の行動を追いかけたいなら、GPSアプリを相手の携帯にダウンロードするなどの方法が考えられます。しかし、相手の携帯にそのようなアプリを勝手にダウンロードして、それがバレたら…考えるだけで怖くなります。

車での浮気調査に限定されますが、GPSロガーの方がリスクが少ないのはお分かり頂けると思います。

GPSロガーの利用で探偵への浮気調査費用が安くなる

浮気現場を特定したら、次は何をどうしたいかになるでしょう。浮気の事実が分かっただけでOKなら、それでも良いでしょう。

しかし、「浮気が許せない、離婚したい」、「浮気相手にも慰謝料請求したい」という場合には、浮気を裏付ける証拠が必要です。調停離婚では、浮気の証拠が無ければ離婚できなかったり、慰謝料も少額しか払ってもらえないケースがあります。

浮気現場に張り込んで自分でその証拠を撮影するなら別ですが、それが難しい場合には、浮気現場の特定でご自身の調査は終えて、後は探偵に任せるのが確実な方法と言えます。

GPSロガーにより、「浮気現場が特定できている」、「外出時間も分かる」というのなら、探偵の浮気調査の期間は短くなるので、費用は安価になります。たいていは、確実な証拠を残すために、撮影を2回おこなったとしても、実質数時間の調査で完了となります。そのため、調査費用は10万円以内で終わることもあります。

このようにGPSロガーは、浮気現場の特定の際には試してみる価値があるツールなのです。

原一探偵事務所
今すぐ無料相談0120-01-3906全国・24時間・365日対応
タイトルとURLをコピーしました