別居中の浮気調査で注意すべきポイントについて解説

別居中浮気調査

この記事でわかること
  • 別居中であっても配偶者の浮気調査は可能
  • 夫婦関係が破綻しているとみなされれば慰謝料請求は難しい
  • 離婚を前提としない一時的な別居中の浮気は慰謝料請求できる可能性が高い
  • 別居期間が長くなる前に早めの浮気調査がおすすめ

婚姻関係を結んでいる夫婦でも、何らかの理由で別居を余儀なくされることはあるでしょう。別居をすると相手の行動が読みづらくなり、浮気を疑うケースも少なくありません。別居中に相手の言動に不信感を持った場合、同居していなくても浮気調査をする意味はあるのでしょうか。

この記事では、別居中の浮気調査で注意すべきポイントやメリット・デメリット、別居中でも慰謝料請求が可能なケースについて解説します。

探偵SOS バナー

別居中の浮気調査は「夫婦関係の破綻」がポイント

夫から一方的に別居を持ち出されいるんですが、もしや浮気をしているのではないかと疑っています。現在別居中なのですが、探偵に浮気調査を依頼することはできますか?

はい、別居中であっても浮気調査をすることは可能ですよ。
ただし、「別居=すでに夫婦関係が破綻している」とみなされた場合、同居中と比べ慰謝料請求が難しくなる可能性があります。

婚姻中でも別居をしたら夫婦関係が破綻していると判断されてしまうのでしょうか…?

日本の法律では「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」(民放752条)と定められています。婚姻関係を結んだ夫婦には同居義務があるため、この規定に反した場合は夫婦関係が破綻しているとみなされる場合があります。

もちろん、出張や単身赴任など一時的な都合で別居をする場合は、同居の権利を侵害しているとはいえません。
ただし、離婚を前提とした別居で夫婦仲の修復が不可能とみなされた場合、浮気調査をして証拠を掴んだとしても相手への慰謝料請求は難しいでしょう。

なるほど…。すでに夫婦として成り立っていないなら、相手が浮気をしていようが関係ないということですね。

そうなりますね。とはいえ、別居中だからといって夫婦関係が破綻しているとはいえません。別居中の配偶者の浮気を疑っている場合は、別居期間が長くなる前に早めに浮気調査をして証拠を掴むことが大切です。

【ポイント】

  1. 婚姻関係を結んだ夫婦は同居が前提となるため、別居は「すでに夫婦関係が破綻している」とみなされる可能性がある
  2. 夫婦関係が成り立っていないと判断された場合、浮気調査で浮気の証拠を掴んでも慰謝料請求は難しい,/li>
  3. 別居中の浮気調査は別居期間が長くなる前に早めの依頼が大切

別居中に浮気調査をするメリット・デメリット

別居中に浮気調査はできるけれど、夫婦関係が破綻していると判断されれば相手に慰謝料を請求することは難しくなるのですね。
別居中に浮気調査をする具体的なメリットやデメリットを教えてください。

まずメリットとして、浮気調査をして浮気の証拠を掴めれば、配偶者やその浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。ただし、すでに夫婦関係が破綻したあとの浮気ではないこと、夫婦関係の破綻は浮気が原因であることを証明しなければなりません。

やはり同居中の浮気調査よりは難しくなりそうですね…。

しかし、別居中だと配偶者の目が届きにくい分浮気相手と接点が持ちやすくなりますから、浮気の証拠を掴みやすいともいえます。浮気が原因で夫婦関係が破綻したと証明できれば、離婚を希望する場合は自分に有利に話を進められるでしょう。

たしかに、別居中だと浮気相手に会いやすくなりますもんね。デメリットにはどのようなことがありますか?

同居よりも相手の行動パターンやスケジュールが把握しづらくなり、浮気調査が長引く可能性があります。そうなると、探偵に支払う費用が増えることになるでしょう。
また、別居期間が長期化することで、夫婦関係が成り立っていないとみなされる懸念もありますね。

【ポイント】

  • 別居中は浮気相手との接点が持ちやすく、依頼側としては浮気の証拠を掴みやすいメリットがある
  • 一方で相手の行動パターンが把握しづらく、浮気調査が長引く可能性も
原一探偵事務所は【国内18拠点】全国どこでも調査いたします!
北海道・東北エリア 札幌 | 仙台
北関東エリア 大宮 | 川越 | 高崎 | 水戸
南関東エリア 東京(日本橋) | 新宿 | 横浜 | 千葉
中部エリア 名古屋 | 静岡
関西エリア 大阪 | 神戸
中国・四国エリア 岡山 | 広島 | 松山
九州エリア 福岡

別居中でも慰謝料請求ができるケースとは

別居中でも浮気の慰謝料が請求できるのはどのような場合か教えてほしいです。

まず、配偶者の浮気が別居前からあった場合です。別居直後の浮気も計画的とみなされ、慰謝料請求できる可能性は高いと考えられます。

なるほど。同居中から浮気相手との関係が続いていたことを浮気調査で立証できれば、ということですよね。

そのとおりです。
また、夫婦関係が破綻していないにもかかわらず浮気をされた場合は、別居中であっても慰謝料を請求できるでしょう。たとえば、単身赴任など仕事の都合でやむを得ず別居をしていた場合、一時的な別居でお互いの関係修復を目指していた場合などです。

ここでもやはり「夫婦関係の破綻」がポイントになるのですね。

はい、すでに夫婦として成立していないとみなされれば、配偶者やその浮気相手に対し慰謝料を請求するのは難しいでしょう。具体的には、次のような3つの項目から夫婦関係が破綻していたかどうかを判断します。

●「夫婦関係の破綻」の判断基準となる項目

  1. 別居期間(目安は5年)
  2. 別居中の連絡頻度
  3. 別居の経緯・理由
【ポイント】

  • 同居中からの浮気や夫婦関係が破綻していない状況での浮気を立証できれば、別居中であっても慰謝料請求は可能
  • 夫婦関係が破綻していると判断されるポイントには、5年以上の別居期間、相手との連絡を絶っている、離婚を前提とした別居などが挙げられる

まとめ

別居中であっても配偶者の浮気調査をすることは可能です。しかし、婚姻関係にある夫婦は同居が前提となるため、別居=夫婦関係が破綻していると判断される可能性があります。

浮気調査で証拠を掴み相手に慰謝料を請求するには、別居前から浮気相手との関係が続いていたこと、あるいは夫婦関係が成立しているにもかかわらず浮気に至ったことを証明しなければなりません。

別居中の配偶者の浮気調査は、別居期間が長くなる前に依頼するのがおすすめです。経験豊富な浮気調査専門の探偵に相談し、早めの解決を目指しましょう。

原一探偵事務所
今すぐ無料相談0120-01-3906全国・24時間・365日対応
タイトルとURLをコピーしました