浮気の証拠になるものとは?不貞行為を証明するための証拠集めの注意点

浮気の証拠

この記事でわかること
  • 浮気の証拠の集め方
  • 不貞行為になる証拠とは
  • 探偵の証拠の集め方
  • 探偵に依頼して証拠を集める際のポイント

配偶者の浮気に気づいた時に確かな証拠がなければ相手を問い詰めることは難しいものです。しかし、もやもやしながら同じ屋根の下での夫婦生活をおくるのは辛いことです。

「話し合って仲直りをするのか」「離婚をするのか」「浮気相手に慰謝料請求をするのか」というように選択に迫られます。

そこで、この記事では、法的に有効な浮気の証拠とはどのようなものが有るのか?また、探偵に依頼して証拠を集める方法、そのメリットについて解説します。

不貞行為の証拠になるものとは?

配偶者の浮気の証拠を集める際に、どのような“モノ”が証拠として有利になるのか気になるかと思います。

単に浮気を問い詰めたいだけなら、携帯に残った証拠をもとに配偶者と話し合えば良いでしょう。しかし、浮気を理由に離婚や慰謝料請求を検討する際には裁判所が認める法的に有効な証拠が必要です。

そこでまずは、法的に証拠となるもの、ならないものについてご説明します。

メール・LINEのやり取り

メールやLINEでのやりとりを浮気の証拠として裁判所に提出するケースは多く見られます。
それらの証拠があることで調停の場で有利になることがあります。

その際、ただのやりとりの履歴だけでは浮気の証拠としては弱く、その内容がとても重要になってきます。例えば、「プレゼントをもらった…」「食事をご馳走した…」というだけでは不貞行為との関連性は薄いですが、やり取りの回数が多いならば証拠としてはプラスになります。

浮気の証拠として強くするためには、そのようなメールのやり取りの履歴とともに不貞行為をおこなったことが分かる写真あると良いでしょう。それによって相手は言い逃れができなくなります。

疑わしいやりとりを見つけた場合は、証拠としてメモを残すか、自身の携帯で写真を撮っておくと良いでしょう。

  • やりとりをした年月日、日時
  • 送受信相手
  • 個人が特定できる情報

SNSでのやり取り

浮気相手とは、Facebook、ツイッター、インスタグラムなど、SNS上でやり取りをしている可能性もあります。SNSをメール代わりに使うケースは少ないですが、これらのアカウント内をチェックすれば、証拠になりそうな写真や浮気相手を特定できる可能性があります。

しかし、こちらも前述のメール・LINEと同じように不貞行為の証拠写真と合わせて提出しなければ法的には意味を持たない可能性が高いです。

日記・メモ・手紙

日記やメモ、手紙などは不貞行為の証拠としては不十分です。仮に交際している事がわかるような内容が書かれていたとしても、「妄想で書いた…」と言い逃れができる性質のものです。

基本的に手書きで書いたものは、後で改ざんが可能ですので、不貞行為の証拠を証明するものにはなりにくいです。

しかし、日付と書かれている内容によっては、状況証拠になり得ますので、写真を撮っておくか、コピーを保管しておくと良いでしょう。

写真・動画

写真や動画は、配偶者の携帯やパソコンの中に保存されている場合があります。例えば、性行為を行っている写真が保存されている可能性があれば、それは極めて強い証拠になります。

もしも、2人で写っている写真を見つけた場合は、その写真を撮影しておくのが良いでしょう。また、配偶者の携帯から自分の携帯に転送するという方法もありますが、送信履歴が残るため注意が必要です。

また、複数名で写っている写真は浮気の証拠にはなりにくいので覚えておきましょう。

ICレコーダーによる録音

夫婦間の会話をICレコーダーで録音しておくことで、それを証拠として提出することはできます。例えば、会話の中で不貞行為を認めるような事実を述べた場合、その音声は証拠になります。

しかし、音声は一部だけ取り出して編集することもできます。また、会話がどのような状況で行われたのかという文脈も分かりづらいため、夫婦間の会話は証拠としてはあまり強くありません。

ちなみに配偶者が浮気相手と電話で会話している状況を録音するという方法もあります。不貞行為を匂わすような内容は一つの証拠にはなりえます。

クレジットカード明細、領収書、レシート

浮気をする際には飲食、休憩、宿泊、交通費などの費用が必要になります。その際、クレジットカードで支払うケースは多いため、月々の明細が送られてきた際には要チェックです。

また、配偶者のバッグや財布などに、ホテルや飲食時の領収書、レシートが残っていることがあります。これらは状況証拠になりえますので、携帯で撮影しておくと良いでしょう。

交通系 ICカード(Suica、PASMO)の履歴

デート時に電車やバスを使用している可能性がある場合、Suica、PASMOのような交通機関のICカードを使用しているケースがあります。

このようなICカードを利用していた場合、駅の自動券売機にカードを挿入して利用履歴を印刷することができます。頻繁に訪れている駅があれば、そこは浮気現場の可能性があります。

カーナビ、ドライブレコーダーの履歴

車を使って浮気をしている場合、カーナビの履歴を調べることでデート場所や時間がわかることがあります。また、ドライブレコーダーの録音をオンにしておけば、車内の会話は録音されていますので聞くことができます。

また、車関連でいうと、ETCカードの利用履歴の明細も要チェックです。

浮気調査のGPSアプリ

GPSアプリを使っての浮気調査を推奨するようなネット記事をときどき見かけることがあります。浮気調査のGPSアプリを配偶者の携帯にダウンロードするというのがその方法です。

それによって、配偶者の位置情報が自分の携帯にリアルタイムで写し込まれます。配偶者の行動や浮気現場が分かるため、密かに利用する人がいますが、非常にリスクが高い浮気調査です。

第三者の携帯に無断でアプリをインストールするのはプライバシー侵害になります。また、無断でダウンロードしたことがバレたら、後で夫婦間で大きなトラブルになる可能性が高くなります。

不貞行為を確実に証明するなら探偵に依頼して証拠を集めること

これまで述べてきた浮気の証拠は自分でも集めることが可能です。しかし、いざ「配偶者と話し合う」「浮気相手に内容証明を送る」「慰謝料請求をする」「離婚する」するという選択をするなかで、“明らかな浮気の証拠”がなければ話合い・交渉はできません。

不貞行為を証明する写真を掴むなら、やはり浮気調査のプロである探偵に依頼する必要が出てきます。探偵は民間事業者ですので依頼するには費用がかかりますが、浮気の証拠を確実かつ迅速におさえてくれます。

探偵が実際に行う証拠の集め方とは

探偵は調査のプロだということはわかりますが、どのように浮気調査をおこない証拠を集めるのか疑問に持つ方は多いでしょう。

実際に探偵がどのように証拠を集めているのかご紹介します。

調査前に必ず下見をおこなう

探偵は調査前に必ず現場で下見をおこない、想定される様々なリスクを考えた上で、調査員の人数を決めてから実際の尾行・張り込みをします。

また、調査員のリーダーが必要な車両、バイク、機材などを手配して、あらかじめチームの役割分担を決めてから調査に臨みます。また、対象者の行動が変わる可能性を加味してプランBを用意しておきます。

複数人の調査員で尾行や張り込みをおこなう

探偵は浮気の決定的な証拠を撮影するために浮気現場で尾行・張り込みをおこないますが、そこでは基本2人~4人のチームを組んで調査を行います。

簡単な調査なら1人の調査員だけでも対応可能ですが、難易度が高い調査の場合は複数の調査員でなければ「対象者を見失う」「対象者にバレる」などのリスクが生じます。また、尾行や張り込みが長時間になるケースでは集中力・体力ともに厳しくなります。

不貞行為の撮影

探偵の仕事は明らかな「不貞行為」があったことを証明する証拠を残すことです。それは、裁判の場でも証拠として認められる鮮明な写真・動画でなくてはなりません。

そのため、尾行中も浮気中の2人の様子を撮影(ときには会話を録音)し、最終的にラブホテルや浮気相手の家の前に張り込みをおこない対象者が出入りする決定的な瞬間の撮影に備えます。

暗い場所では暗視カメラを用いたり、近づけないような場所では望遠一眼レフカメラを使います。また、シティホテルなどでは一緒にエレベーターに乗り込んで二人が部屋に入る様子まで撮影することがあります。

証拠をまとめた調査結果報告書

尾行や張り込みの結果は、調査結果報告書にまとめられます。浮気相手の特徴、写真、二人の様子などが詳しく書かれており、裁判で有効な証拠になるようにまとめられています。

具体的には、以下のような内容です。

  • 本人だとわかる鮮明な証拠写真
  • 日時が分かる証拠写真
  • 時系列に整理された詳細な調査内容
  • 調査現場の地図情報

これらの報告書とともに、ビデオ映像が提出されるケースもあります。

慰謝料請求に使えない証拠とは?

自分で浮気調査をしたり、技術力が低い探偵に依頼したことで、証拠があってもそれが裁判や慰謝料請求に使えないケースがあります。

例えば、以下のようなモノは証拠として認められる可能性が低いため要注意です。

  • 写真や動画で対象者かどうかを判別できない
  • 顔のアップだけの写真で周囲の背景がわからない
  • 対象者の顔がピンぼけしている、暗くてわからない
  • ラブホテルに入る瞬間、あるいは出てきた瞬間の写真しかない
  • 証拠となる撮影時刻が不明である

つまり、対象者と判別できない、いつ撮ったかわからない、場所がどこかわからない、改ざんの疑いがあるような写真は証拠にはならないということです。

探偵に証拠を残してもらうメリットと依頼時のポイント

浮気調査は探偵の専売と言えるものです。そのため、依頼すれば多くのメリットが得られます。その際の注意点とポイントについてご説明します。

探偵は個人の調査が許された唯一の事業者

探偵は調査の依頼を受けて対象者(個人)の行動や素行を調査することができる唯一の事業者です。探偵業法という国の法律に定められており、尾行や張り込みによる調査と依頼人の調査結果を報告することを許されています。

そのため、浮気調査を外部に委託する際に探偵に依頼することになります。

証拠を集めておけば探偵費用は安く抑えられる

探偵に調査を依頼しようと考えている方は、自分でも証拠を集めておくと調査費用を安く押さえることができます。例えば、浮気相手と会う日時が分かれば、調査も1週間から2、3日で終わることもあり、その分調査費用が安くなります。

では、具体的にどのようなものを証拠として集めたら良いのか、詳しく解説していきます。

優良な探偵に依頼すること

探偵は全国に6,000以上ありますので、その中から優良な事務所を選ぶのは大変です。ごく稀に「技術力が低い」「対応が悪い」「費用が高い」という事務所があります。

【優良探偵のチェックポイント】

  • 公安委員会(警察)に届出済か
  • 社歴は長いか
  • 事務所は存在するか(打ち合わせが喫茶店なら要注意)
  • 調査員の数は何名いるか
  • 調査報告書のサンプルはあるか

実際に面談してみて、疑問に感じたらその場で契約はしないほうが良いでしょう。いくつか探偵を比較してみてから検討するほうが賢明です。

必ず見積りをもらって追加費用の有無を確認すること

探偵と費用面でトラブルになるケースがあります。これは探偵の説明不足ということもあれば、依頼者自身が費用面についてよく理解していないことで生じる誤解もよくあります。

必ず見積りをもらうとともに、追加費用の有無、さらには重要事項の説明を受けましょう。また、契約前に契約書のひな形を見せてもらうと良いでしょう。

まとめ

自分で証拠を集めようとすると、証拠集めに夢中になってしまい視野が狭くなりがちです。つい違法行為を犯してしまったり、証拠を集めようとしていることがパートナーにバレてしまうこともあります。

配偶者の浮気でお悩みなら、まずは探偵に相談してみるのも有効な方法です。当サイトで紹介する大手探偵事務所ならば、「誠実な対応」「高度な調査力」「適正な料金」で満足できる調査結果が期待できます。お気軽に相談してみましょう。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名原一探偵事務所HAL探偵社総合探偵社AMUSE(アムス)
画像原一探偵事務所HAL探偵社総合探偵社AMUSE(アムス)
対応地域全国対応(18支店)全国対応(18支店)全国対応(9支店)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
料金トライアル:50,000円~調査員1名:7,000円~調査員1名:7,500円~
調査実績10万件~5万件~2.5万件~
ローン
クレジットカードJCB、visa、Master、AMEXJCB、visa、Master、AMEXvisa、Master、AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
タイトルとURLをコピーしました
信頼性が高い探偵を比較 お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す 47都道府県から探す