単身赴任中の夫が浮気をしている場合どうすれば?適切な浮気調査方法を解説

単身赴任中 夫 浮気調査

この記事でわかること
  • 単身赴任中は夫の浮気が多くなる
  • 夫の浮気行動を把握するのは困難になる
  • 違法な浮気調査はやってはいけない
  • 合法に浮気調査をするなら探偵に依頼すること

夫が単身赴任中の間は、妻や家族と離ればなれの生活を送ることになりますが、現在では、電話、メール、SNSなどのアクセス手段で、いつでも連絡を取ることはできます。しかし、どこで何をしているか把握することは夫にGPSでも持たせない限り不可能です。

単身赴任中は、妻から監視されることもなく、浮気を自由にできる条件が揃っていると言えます。

もし、単身赴任中の夫が浮気していると感じたら、まずは浮気が事実であるかを掴むことが必要です。その後、「浮気相手を調べたい」「浮気の証拠を残したい」という場合には探偵に浮気調査を依頼することが最も適切な対応です。

この記事では、単身赴任中の夫の浮気が多い理由と浮気調査をする方法を解説します。

単身赴任中に夫の浮気が多い理由は?

単身赴任する夫は浮気する確率が高くなるのは間違いありません。家族(妻)の元を離れて、独身時代と変わらない「自由な生活」を手に入れることができるからです。

また、身知らぬ土地での生活は寂しさから人恋しくなります。性欲も満たされていない状態ですので発散したい欲求は強くなります。つまり「単身赴任中」の夫は、浮気する確率が高い状態にあるということが言えます。

特に、赴任先が自宅から遠く離れた場所で、妻や家族と会う機会が少なくなるほど、夫が浮気する可能性は高くなるようです。ご主人が遠い場所に赴任している方は要注意です。

さて、具体的にどんな理由から単身赴任中の夫が浮気するのか見ていきましょう。

寂しさを紛らわせたい

単身赴任先が、自宅から比較的近い場所で、見知った土地ならば、さほど寂しさは感じないものです。週末は自宅に戻る生活ならば、単身赴任中の生活も以前とさほど変わることなく生活をおくれることでしょう。しかし、赴任先が「遠隔地」「初めて住む土地」「友人もいない」という場所ならば孤独感はつのります。

「話し相手が欲しい」「地元の女性と仲良くなりたい」と考えるのが男というものです。浮気の欲求は徐々に高まるものです。

時間が自由になる

単身赴任は家族と離ればなれになるのが嫌な男性にとっては苦痛でしかありません。しかし、「自由な時間が手に入る」「独身時代に戻った」という感覚を求める男性ならば、単身赴任は歓迎すべき生活変化です。

「1人で遊びに行くのも自由」「夜に出かけるのも自由」ということで、現地で遊び歩く単身赴任者は少なくありません。そうなると男性ですので”浮気心”というものがでてきて、女性との出会いがある場所に足繁く通うようになります。

例えば「居酒屋」「スナック」「風俗店」に行く機会も増えるでしょう。出歩く回数が増えると現地の女性との出会いの機会は必然的に増えます。

性欲を満たしたい

単身赴任した場所が、遠隔地の場合には、自宅に頻ぱんに帰るのが難しくなります。例えば、東京に住んでいる人が福岡に単身赴任した場合には、せいぜい月に1回程度しか帰ることはできないでしょう。毎週のように東京の自宅に戻っていたら、交通費だけで1ヶ月の給料が飛んでしまいます。

妻との性交渉がなくなる分、性欲がたまるのが男性です。当然ながら、赴任先の地元女性が浮気相手として興味の対象となります。

単身赴任中の夫が浮気する場所とは?

単身赴任中の夫が女性と出会って浮気に発展する場所はどこなのか?妻にとっては気になる問題です。探偵SOSに相談があったケースをご紹介します。

職場

単身赴任中の浮気で最も多いのが職場での出会いです。職場不倫は男性の浮気のきっかけの中でも多いものです。

夫も単身赴任中は自分が既婚者だということは忘れるものです。身近に魅力的な女性社員がいたら「食事に誘う」「飲みに誘う」という行為は自然な流れです。また、現地の女性社員にとっては他の地域から赴任してきた男性社員は興味の対象になります。

このように単身赴任中に職場で知り合って不倫関係に発展するというのはよくあります。

以下の記事で「職場不倫」について詳しく解説しています。

居酒屋、スナック

単身赴任中の夫で食事を自炊する人はあまりいません。これまで妻に料理を任せっきりだった人ならなおさらです。そうなると、夕飯は外食になりますが、お酒が好きな人なら、大抵は地元で行きつけの飲み屋に行きます。

居酒屋、スナックなど馴染みのお店に毎日行くようになると地元女性と自然と親密になります。飲み友だったのがいつの間にか不倫関係に発展するというのも、単身赴任中の男性の定番コースです。

風俗店

妻と離れた生活になると性交渉がなくなりますので、その性欲を解消するために風俗店に行くという男性は少なくありません。地元の風俗店で働く女性と親密になるというのも隠れた単身赴任中の出会いのパターンです。

最初は客と風俗嬢という関係だったのが、何度か関係を持つうちにプライベートでも会うようになります。男性は最初は女性の体目当てで交際しますが、何度も会うことで次第に情が移って本気になるということはよくあります。

単身赴任中の夫の浮気を疑ったほうがいいケース

単身赴任中の場合、離れて暮らしているため夫の行動は分かりません。しかし、以下のように夫の様子が怪しいと感じたら浮気の可能性が考えられます。

電話に出ない

夫が電話に出ないのは、「電話に出たくない」「電話に出ることができない」のいずれかです。電話に出ないことが度重なる場合は前者の可能性があります。

仕事が終わった時間帯に電話してみても「すぐに出ない」「折返しの電話が遅い」というケースが頻繁におこるようなら「デート中だった」「性交渉中だった」ということも考えられます。

そういう場合、浮気している時間を特定するために電話に出なかった日時をメモして残しておきましょう。

メールのレスが遅い

メールのレスが遅いことが度重なるケースも怪しいでしょう。LINEメールなどはすぐに通知されますので携帯をつねに確認していればすぐに折り返し回答できます。その折り返しができないほど立て込んでいるというのは、前述のように浮気相手と「デートしている」「性交渉中」の可能性は高くなります。

ほとんどの男は好きな女性にはメールのレスはすぐに返すものです。メールのレスが遅いのは、妻である、あなたへの関心が薄れている証拠でもあります。

単身赴任中にやってはいけない浮気調査

夫の浮気が疑わしい場合、まずは自分で調べてみようということになります。その際、相手は離れて生活していますから遠隔でもできる調査方法を考えるものです。よく検討される方法に「部屋にボイスレコーダーを仕掛ける」「車にGPSロガーを設置する」などがあります。

しかし、どちらも場合によっては違法行為になるため注意が必要です。

単身赴任先でボイスレコーダーを設置する

夫の単身赴任先のマンションには、浮気相手が入り浸っている可能性があります。部屋の見つかりにくい場所にボイスレコーダーを設置すれば「不貞行為を録音できるのでは…」と考えてしまうものです。実際に「不貞行為の音声」は証拠の一つになりえます。

一緒に生活している自宅にボイスレコーダーを設置するのは問題ありませんが、単身赴任中の夫の住居に設置するのはプライバシー侵害になる可能性があります。

また、例えば夫の鞄の中などプライベートなアイテムに仕掛けるのは完全な違法行為(プライバシー侵害)です。特に、関係が冷え切っている中で夫の部屋に忍び込んで設置するのは違法(住居不法侵入)ですのでやってはいけません。

GPSロガーを設置する

「GPSアプリを夫の携帯にダウンロードするのは違法だけど、車にGPSロガーを設置するだけなら問題ないのでは…」と考える方がいます。しかし、これも違法性が高い調査方法です。

特に「夫が自費で購入した夫名義の車」「社用車」などに無断設置するのは違法行為(プライバシー侵害、器物損壊)に該当するケースがあります。

離れた相手の浮気調査って自分でもできる方法はある?

浮気調査はまずは自分である程度の情報を調べることは大切です。しかし、離れた相手の浮気調査をすることは簡単なことではありません。夫の行動は把握できませんし、ましてや見知らぬ土地に行って尾行することなど困難です。

前述したように違法な方法で調査していることがバレるとトラブルになる可能性が高くなります。

合法な方法としては「直接問い詰める」か「探偵に浮気調査を依頼する」という方法しかありません。夫に問い詰めるのが困難であれば、まずは探偵に相談して浮気調査をすることをオススメします。

単身赴任の浮気調査を探偵に依頼する

探偵に依頼すれば、例え離れて生活する相手でも迅速に浮気調査は進めることができます。

合法的な方法で費用も安く浮気の事実を突き止めるならば、大手の探偵に相談してみるのが効率的です。併せて解説します。

単身赴任の浮気調査は料金も安く早く終る可能性が高い

浮気調査で素人にとって難しいのが尾行と張り込みです。単身赴任中の浮気はほとんどのケースで浮気現場は夫が住むマンション・アパートです。

そのため、調査は張り込みだけでもOKな場合もあります。(浮気相手の住所を特定したければ、張り込み後に尾行して女の家を突き止めてもらうのも良いでしょう)

浮気している可能性が高い日時を探偵に伝えれば、その時間帯に絞って張り込みをおこなって以下のような証拠を残してくれます。

  • 女が部屋に出入りする写真をおさえる
  • 夫が送り迎えする写真をおさえる
  • 浮気だとわかる親密な様子を写真におさえる

浮気現場は分かっていますので、浮気する時間さえある程度特定できれば、探偵の調査時間は短くなりますので、浮気調査は格安でできます。

全国展開の大手探偵事務所に依頼するのが適切

浮気調査を検討する際に難しいのが探偵選びです。特に単身赴任中の浮気調査は、地元の探偵事務所に依頼するのが良いのか?自分が住んでいる地域の探偵事務所に依頼すれば良いのか?迷うのではないでしょうか。

夫の赴任先がある地域に良い探偵事務所があればベターです。しかし、あなたにとっては離れた場所の見知らぬ土地にある優良な探偵事務所を探すのは大変なことです。

そんな時に好都合なのが、全国展開の大手探偵事務所です。相談はあなたの地元に近い事務所でおこない、調査は各支店の中から浮気現場に一番近い事務所がおこなうという形態を取ることが可能です。

まとめ

夫の単身赴任中に浮気問題はつきものです。離れて生活する奥様にとっては状況がわからず不安なものでしょう。もしも、「浮気を突き止めたい」「事実を知りたい」という場合、探偵に依頼するのが最も適切です。

優良な探偵に相談して早期に悩みを解決しましょう。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名原一探偵事務所HAL探偵社総合探偵社AMUSE(アムス)
画像原一探偵事務所HAL探偵社総合探偵社AMUSE(アムス)
対応地域全国対応(18支店)全国対応(18支店)全国対応(9支店)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
料金トライアル:50,000円~調査員1名:7,000円~調査員1名:7,500円~
調査実績10万件~5万件~2.5万件~
ローン
クレジットカードJCB、visa、Master、AMEXJCB、visa、Master、AMEXvisa、Master、AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
タイトルとURLをコピーしました
信頼性が高い探偵を比較 お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す 47都道府県から探す