信用できる探偵会社・興信所はどうやって探せばいいの

信用できる探偵会社・興信所

この記事でわかること
  • 信用できる探偵・興信所の探し方がわかる
  • 探偵になれる人・なれない人がわかる
  • 探偵への依頼の仕方がわかる
  • 依頼する前に確認すべきことがわかる

日本国内にある探偵会社の数は5,852社です。(平成30年度警察庁発表)

これは、公安委員会に届出を済ませた正規の探偵のみの数字です。届出をしていない探偵・興信所を加えると相当な数にのぼるでしょう。こんなに数ある探偵会社の中からどのようにすれば「優良で信用できる探偵」を探し出せるのでしょうか?

探偵SOSには「信用できる探偵の探し方がよく分からない」という相談がよくあります。実際に依頼人が探偵探しで最も気にするポイントは、やはり「信用度」のようです。

ほとんどの人は探偵に調査依頼をするのは初めてだと思います。人生において何度も経験することはない浮気調査ですが、信頼できる探偵に依頼して成功して欲しいと切に願います。

そこでこの記事では、信用できる探偵や興信所の探し方と、調査費用(料金)についてご紹介していきます。

探偵・興信所は個人・法人、調査員の数や規模など様々です。初めて浮気調査をするならば信頼できる探偵を選んで調査を成功させましょう!

探偵SOS バナー

信用できる探偵・興信所とは?相談・依頼する前に確認すべきこと

探偵は、普段あまり目立つことを好まず、自ら表に顔を出して情報を発信することは少ないです。そのため一般の人は探偵業界や業務内容について知らない方がほとんどです。それもあって、いざ浮気調査を探偵に依頼しようと思っても優良で信頼できる事務所がどこなのか分からないという方が大半です。

探偵の業務内容や信用できる探偵会社について整理してみました。

信用できる探偵はプロフェッショナルです。調査のこだわり、組織力、顧客満足度などを考えて様々な企業努力をしているんですよ。それぞれチェックしていきましょう。

調査へのこだわりはあるか

探偵業はどんな依頼にも対応してくれるような「なんでも屋」ではありません。探偵の業務は探偵業法にその定義が定められています。

要約すると、「依頼を受けて、特定人の所在や行動の情報収集する」「聞込み、尾行、張込みなどにより実地調査をおこない依頼者に報告する」ということが書かれています。

要するに、探偵の業務はさまざまな個人、法人についての調査をおこなうことが本業ということになります。依頼を受けた調査は責任を持って確実に成功に導くことが求められています。

ですので「何でもやりますよ…」と言うような探偵会社は、探偵業法を守らない公安委員会に未登録の業者である可能性があります。当然ながら調査能力も疑がわしいものです。

信用できる探偵の見極めの一つは、調査に対してのこだわりを持っているかどうかはポイントになります。

探偵には誰もがなれるわけではない

探偵は民間企業ですので、一般人も探偵会社の面接を受けて適正があれば採用されますが、以下のような欠格事由がある人は採用されません。

  • 過去に自己破産をして復権していない人
  • 暴力団員やかつて暴力団員だった日から5年未満の人
  • 禁錮刑以上の刑に処せられた人
  • 過去に探偵業法の規定違反をおこない、失効を受けることが無くなった日から5年未満の人

探偵は依頼人や調査対象のプライベートな個人情報を扱いますので、これらを悪用したり、不正に利用したりしないという「モラルがある人」「更生した人」のみが探偵になれるという事なのです。

そして、信頼できる探偵会社なら、調査員を採用する際には身元調査をおこなって合格した人のみを採用します。探偵との面談の際に調査員の過去の職業や教育体制について質問してみるのもいいでしょう。

公安委員会に届出済の探偵会社を選ぶ

探偵が営業開始する際には、その所在地を管轄する都道府県の公安委員会(警察署)へ届出をおこなわなくてはなりません。公安委員会は、届出済みの探偵会社に対して調査員名簿の備え付けなどを義務化しており、また、立入検査や報告などの監督をおこないます。

何か不正行為を起こした探偵は、公安委員会からすぐに営業停止や廃止命令が出されますので、公安委員会に届出済の探偵なら悪質な調査をおこなうことは無いので安心できます。

逆に言えば、公安委員会に届出していない探偵は違法業者ということになりますので、公安委員会に届出済みかどうかは、重要なポイントです。

探偵によって得意な調査ジャンルがある

探偵会社にはそれぞれ個性・特徴があります。また、得意な調査分野というものがあります。例えば、浮気調査に特化した探偵会社もあれば、人探しに強みを持つ探偵もいますし、総合的に何でも調査できる探偵会社もあります。

調査と言っても、浮気調査と行方調査ではまったく違う調査方法が取られますし、それぞれの調査で重要なのは何よりも経験です。

浮気調査に強い探偵に、行方調査を依頼したところで、調査がなかなか進展せずに時間と費用ばかりが掛かってしまうということも考えられます。

まずは、あなたが調査したい内容を探偵に伝えた上で、その調査が得意かどうか聞いてみましょう。

調査結果が必ず成功するわけではない

探偵に頼めば必ず「浮気の証拠が見つかる」、「失踪した人の所在が分かる」という訳ではありません。非常に困難な調査内容であったり、依頼者の情報が不足している場合などは、さすがの調査のプロでもお手上げになることもあります。

経験豊富な探偵なら、依頼者の方の話しを聞けば大体の調査の成功の可能性が分かるものです。ですので、まずは探偵にご自身が持っている情報を包み隠さず正確に伝えた上で、調査の成功の可能性をしっかり確認した上で、正式な依頼をおこなうことです。

探偵の調査の成功の鍵は、依頼者の協力があってこそなのです。

原一探偵事務所は【国内18拠点】全国どこでも調査いたします!
北海道・東北エリア 札幌 | 仙台
北関東エリア 大宮 | 川越 | 高崎 | 水戸
南関東エリア 東京(日本橋) | 新宿 | 横浜 | 千葉
中部エリア 名古屋 | 静岡
関西エリア 大阪 | 神戸
中国・四国エリア 岡山 | 広島 | 松山
九州エリア 福岡

探偵の調査料金は見積りを出して貰う

探偵のホームページには料金説明が書かれていたりしますが、多くの場合、それはあくまで目安です。実際には、依頼人から調査内容を聞いた上で難易度や調査の人員体制、調査期間を考えることになります。

探偵会社ごとに、調査に対する考え方は違いますので、まずは電話相談して、探偵と面談をおこない見積書を出して貰ってから、契約するかどうかを検討することになります。

探偵業法にも記載されていますが、契約時には重要事項を書面にして、それを口頭で依頼者に説明する義務がありますので、分からない項目があれば遠慮せずに質問することです。

また、公安委員会届出済の正規の探偵会社なら、面談時に契約を強引に迫ってくるようなことはしませんので安心して大丈夫です。

信用できる探偵会社を探すには

信用できる探偵会社を探す最も良い手段は、過去に探偵に調査依頼した経験がある人からの紹介が確実です。しかし、残念ながら探偵への調査依頼は極めてプライベートな問題ばかりです。例え、調査依頼した経験がある友人・知人がいたとしても、話してはくれないでしょう。

ネットの口コミは玉石混交で正確な情報かどうかは定かではありません。やはり、そうなると自分で、信用できる探偵を探して見極めなくてはなりません。

その際には以下の様なチェックポイントを確認しましょう。

  • 公安委員会に届出済か
  • 依頼する調査は得意分野か?
  • 見積りの説明は十分か?
  • 有名でネームバリューがある探偵・興信所か
  • 料金が不当に高くないか?

探偵はどのような運営をしているのかは電話相談だけでは分かりませんので、実際に事務所を訪問して探偵に直に会ってから話しを聞いてみるのが良いでしょう。そこで信用できると思ったならば調査方法や見積りを出して貰うことをお勧めします。

     原一探偵事務所
今すぐ無料相談0120-01-3906全国・24時間・365日対応
タイトルとURLをコピーしました