初恋の人や昔好きだった人にはどうすれば会える?自分で探す方法と探偵に依頼するケース

中高年になると昔の出来事を思い出すことが多くなりますが、初恋の人や昔好きだった人のことをふと思い出し、「もう一度会いたい!」と思ったことがある人もいるでしょう。直接その人に会えなくても所在や近況だけでも知りたいと考える方もいます。

そんなときにおこなうのが初恋の人探し調査です。人探しは自分でもできますが、大変な労力がかかることが多く、また法律に抵触するような行為をしてしまい、トラブルに発展することも少なくありません。

自力で探すのが難しいときはプロの探偵に調査を依頼するのがおすすめです。

この記事では、初恋の人探しを自分で行う方法とデメリット、探偵に依頼する際の注意点や調査費用の相場をご紹介します。初恋の人や昔好きだった人に会ってみたいとお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名MJリサーチ総合探偵社クロル原一探偵事務所
画像MJリサーチ総合探偵社クロル原一探偵事務所
対応地域全国対応(10拠点)全国対応(4拠点)全国対応(18拠点)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
調査項目浮気、婚前、素行、人探しなど浮気, 婚前, 人探し, 行動など浮気, 人探し, 素行, 身辺など
料金調査員1名1時間8,800円最安値:66,000円~トライアル:55,000円~
調査実績毎月300件~2.4万件~10万件~
ローン×
クレジットカードJCB, visa, Master, AMEX, ダイナースJCB, visa, MasterJCB, visa, Master, AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!

初恋の人や昔好きだった人に会いたくなる理由とは

初恋の人や昔好きだった人に会いたくなるのは、なぜなのでしょうか。そこに理屈はないのかもしれませんが、理由や目的によって調査方法が異なることもありますので、一度、ご自身の理由を確認してみましょう。

消息を知りたい

初恋の相手に限らず、以前に想いを寄せていた相手が今、どこで何をしているのかは誰しも気になることでしょう。長年にわたって音沙汰がなければ、消息が気になるはずです。元気にしているのであれば、

  • 一度だけでも会って話したい
  • 電話やメールでもよいので友人として楽しく交流したい
  • 想いを伝えて恋人として交際したい
  • できることなら結婚したい

等々、人によってさまざまな目的があることと思います。

あるいは、「元気にしているのかを確認したい」「もし亡くなっているのならお墓に参りたい」といった理由で、消息だけでも知りたいという方もいらっしゃることでしょう。

恩返しをしたい

初恋の人や昔好きだった人は、若かりし頃の自分の心の支えになってくれていたはずです。素敵な時間を一緒に過ごしたことを思い出して、そんな相手に対して、今度は自分のほうが何らかの恩返しをしたいと考えるものです。

  • ひと言だけでも感謝の気持ちを伝えたい
  • できることならお礼がしたい
  • 今度は自分が支えてあげたい

特に気まずい別れ方をした相手に対してはなおさらで、そのときの後悔を晴らし、お詫びの意味を込めて物心両面で恩返しをしたいと考える方もいます。また、不幸せな生活をおくっているのならば、何らかの援助やサポートをしたいと思われる方もいます。

亡くなる前に一目だけでも会いたい

誰しも人生の中で数多くの人と出会いますが、初恋の人や昔の彼女や彼氏は特別な存在として、いつまでも心の中に残るものです。

そして、ご自身が高齢になったり、大病を患ったりしたときには、「亡くなる前に一目だけでも、あの人に会いたい」と思われるのではないでしょうか。

「思い出の人に会っておかなければ後悔しそう…」「自分に残された時間は多くない…」という方は、人探し調査をしてみるとよいでしょう。

どうすれば会えるのか?自分で探す方法

それでは、行方も連絡先もわからなくなった「あの人」にどうすれば会えるのでしょうか。

ここでは、自分でできる人探しの調査方法をご紹介します。

検索エンジンから探す

今の時代、簡単な人探し調査ならインターネットで行うのが最も効率的なやり方です。

相手の氏名やあだ名を検索エンジンに入力すれば、それだけで相手の情報がヒットすることも少なくありません。さらに地域名(地元)、生年月日、出身校、職業など知っている情報も合わせて入力して検索すればヒット率も上がります。

SNSから探す

Facebookのような実名利用必須のSNSとともにInstagram、Twitterなど主要なSNSの検索でも調べてみましょう。相手のアカウントが見つかれば、DM(ダイレクトメール)などで連絡をとることが可能です。

相手の情報がヒットしない場合には、共通の知人のSNSがあれば見てみましょう。知人と相手がSNS上で「友達」になっていることもよくあります。

また、知人の投稿内容から相手に関する情報がわかることもあります。相手の行動範囲がわかったら、現地に行って調査してみるのもよいでしょう。

同級生の友人に聞き取りをする

インターネットで情報が見つからない場合でも、アナログ的な調査で相手に会える可能性があります。

まずは、共通の友人や知人に「あの人は今、どうしてるのかな?」と尋ねてみるのが有効です。相手が同級生なら共通の友人・知人が数多くいるわけですから、誰かが知っている可能性が高いです。

さりげなく尋ねてみるのがおすすめですが、どうしても会いたい場合には、その旨を伝えてみましょう。人脈をたどって調べてくれる友人・知人がいるかもしれません。

卒業名簿を閲覧する

近年は、個人情報保護の観点から卒業名簿や卒業アルバムに卒業生の連絡先を載せるケースは少なくなっています。しかし、以前は必ずといってよいほど、実家の住所や電話番号が掲載されていたものです。

相手が同級生なら、ご自身がお持ちの卒業名簿や卒業アルバムで相手の実家の連絡先がわかることもあるでしょう。また、卒業名簿が無い場合、OB・OGならば母校を訪ねれば見せてくれる可能性はあります。

今は相手がその住所に住んでいない場合でも、現地調査をすることで有力な情報を得るための手がかりとなることもあります。

自分で探すデメリットは何?

純粋な気持ちで「会いたい」と思っていても、自分で人探し調査を行うことにはデメリットもあります。以下の点には注意が必要です。

時間がかかる

一般的に人探し調査には、時間がかかることが多いものです。もちろん、すぐに見つかるケースもあります。しかし、多くの場合は友人・知人、さらには関係者からの聞き込みや現地調査などを重ねていく必要があります。

友人・知人との関係がすでに途絶えている場合、一から調べていかなければならず、このような調査に慣れていない素人にとっては難しい作業と言えるでしょう。

しかも仕事や家事の合間にやるとなると、長期戦を覚悟しなければなりません。

ストーカーに間違えられ警察に通報される

人探しのために現地調査を行うとなると、「聞き込み」の他にも「張り込み」も必要となってきます。相手の所在や近況を調べるためには「尾行」が必要となることもあります。

これらの行為は探偵業法で「探偵業務」として認められているので、プロの探偵が適切な手段で行う分には合法です。

しかし、個人が恋愛感情や復讐の感情で行うことはストーカー規制法で禁止されています。相手が「知らない人に尾行されている…」と不安を感じて警察に通報されてしまうかもしれません。

会いたいという気持ちが強くても、行き過ぎた行為をすると法律に抵触し、罪に問われるおそれがあることに注意が必要です。

相手から「探さないで」と拒否される可能性がある

「張り込み」や「尾行」を一般の個人が行うと、「待ち伏せ」や「つきまとい」になってしまいます。これらの行為はストーカー行為に該当するとともに、相手に気付かれると不審感や恐怖感を持たれてしまう可能性が高いです。

また、自分の知らないところで個人情報を調べられていることがわかると、誰しも良い気はしません。その人にも家庭や自分の生活がありますので、たとえ探している相手が昔の友人や恋人であったとしても、「勝手に探さないで欲しい」と嫌われる可能性もあります。

細心の注意を払って行動していたつもりでも、素人の調査は相手に気付かれて嫌がられるケースがありますので注意しなければなりません。

個人がやってはいけない行き過ぎた違法な人探しの方法

人探し調査を行う際には、注意しなければ違法な行為をしてしまうことが意外に多いものです。特に初恋の人探しでは、相手の現在の生活を知りたいばかりに、前のめりになって行き過ぎた違法調査をしてしまうケースがあります。

ストーカー行為の他にも、以下の行為をすると罪に問われるおそれがあるので、くれぐれも注意が必要です。

  • 【プライバシー権の侵害】:なりすましによる聞き込み
  • 【軽犯罪法・迷惑防止条例】:盗撮、盗聴
  • 【住居侵入罪】:住居侵入、建造物侵入
  • 【窃盗罪】:郵便物を抜き取る

相手の関係者に対して聞き込みを行う場合、官公庁の職員や宅配業者などを名乗れば有益な情報を得られる可能性が高いですが、このようになりすまして情報を聞き出すことは違法です。

調査の過程で写真を撮影したり、他人の会話を録音することもあるかと思いますが、やり方によっては違法な盗撮や盗聴に当たる可能性があります。また、写真撮影や録音、内部をのぞき見るなどの目的で他人が管理する住居や建造物に立ち入ることも犯罪行為です。

そんなとき、郵便受けに入っている郵便物を見れば居住者の氏名がわかりますが、勝手に他人の郵便物を抜き取ると窃盗罪に問われるおそれがあるので、注意しなければなりません。

初恋の人探しを探偵に依頼するメリット

自分で初恋の人や昔好きだった人を個人が探すのは大変なことですが、「住所特定」から「現在の生活状態」まで代行して調査してくれるのが探偵・興信所です。

探偵は国が認めた個人調査をおこなえる唯一の専門職です。その探偵に初恋の人探しを依頼するメリットは以下のようなものがあります。

  • プロならではの調査スキルにより成功率が高い
  • 自力で探すよりもスピーディーに調査ができる
  • 人探しをしていることが相手や周囲にバレない
  • 初恋の人のプライバシーを脅かす心配がない
  • 調査が違法になる心配がない

実績・経験豊富なプロの探偵なら、迅速で確実に調査がおこなわれ、初恋の人やその家族にも迷惑がかからないように調査を成功に導きます。

探偵の初恋の人探しの方法とは

人探しに強い探偵は様々な情報を集め、独自のノウハウにより調査を行います。

  • インターネット調査
  • データ調査
  • 聞き込み調査
  • 尾行・張り込み

前項でもご紹介した「インターネット調査(検索、SNS)」から独自の情報網で集めるデータ調査。関係者に直接質問をおこなう聞き込み調査。そして対象者が見つかったら「尾行・張り込み」により、職業、家族構成から生活状態までくまなく調べることができます。

それらを写真や動画などに残して調査報告書として依頼人提出してくれます。

初恋の人探しを探偵に依頼する際の注意点

初恋の人探しをプロの探偵に任せればスピーディーに相手と会える可能性が高まりますし、違法な調査をしてしまう心配もありません。

より確実に探したい人を見つけてもらうためには、探偵に依頼する際に以下の点に注意しましょう。

人探しに強い探偵・興信所を選ぶこと

探偵と興信所の業務内容に大きな違いはありません。どちらも主に以下のような調査を取り扱っています。

  • 浮気や不倫に関する調査
  • 素行調査
  • 身元調査
  • 信用調査
  • 行方不明調査
  • 盗撮や盗聴に関する調査
  • ストーカー対策 など

さまざまな調査項目がありますが、大きく分けると、調査対象者の身元がわかっているものと、わかっていないものとがあります。人探し調査は、現在の身元がわかっていない人を見つける調査に当たります。

身元がわかっている対象者の素行や信用を調べる調査と、身元がわかっていない人を見つける調査とでは、調査方法が異なります。

前者の調査で定評のある探偵・興信所が必ずしも人探しも得意としているとは限りません。人探しのノウハウが乏しい探偵・興信所に依頼すると、時間や費用の負担が重くなるだけでなく、最終的に調査が失敗に終わるリスクも高まります。

人探しに経験豊富な事務所をピックアップした上で、実際に相談してみて見極めるとよいでしょう。

探偵にできる限り知っている情報を提供すること

探偵といえども、行方がわからない人を見つけるためには手がかりが必要です。手がかりが多ければ多いほど、スピーディーかつ確実に相手を見つけやすくなることは言うまでもありません。

以下の情報をはじめとして、相手に関して知っている情報はすべて探偵に伝えましょう。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所(過去のもの)
  • 電話番号(過去のもの)
  • メールアドレス(過去のもの)
  • 出身学校
  • 勤務先(過去のもの)
  • 人間関係(過去のものも含む)
  • 顔写真(過去のもの)

もちろん、現在の情報についてはわからないものが多いでしょう。過去の情報でも探偵に伝えればそれが手がかりになり調査が進むこともよくありますので、自己判断で役に立たないと思わず、知りうる限りの情報を提供しましょう。

情報が少ない場合は調査に時間がかかる

人探しに強い優秀な探偵に依頼したとしても、手がかりが少なければ調査に時間がかかってしまいます。そこで、できる限りご自身でもインターネットでの調査や友人への聞き込み、卒業名簿の閲覧などをしておくことをおすすめします。

自分で調べられることは調べた上で、その情報を探偵に提供するのです。ある程度の手がかりがあれば、自分で調べられない部分は探偵がプロのノウハウで調べてくれます。こうすることで、調査の成功率がアップして、かかる時間も短縮することが可能となります。

人探しの探偵の調査費用について

人探しを探偵に依頼するとなれば、気になるのは費用の問題でしょう。

ここでは、探偵の調査費用の相場と安くするための方法をご紹介します。

探偵には3つの費用プランがある

一般的に、探偵の費用プランには次の3種類があります。

  • 基本料金(着手金)+成功報酬制
  • 定額制(パック料金)
  • 時間料金制

人探しの依頼については「基本料金+成功報酬制」を採用している事務所が多いです。依頼時に一定額の基本料金を支払った上で、調査が成功すれば成功報酬を支払うという費用体系です。

この費用プランで依頼する場合には、何をもって「成功」とするのかを明確にしておくことが大切です。初恋の人や昔好きだった人の消息さえわかればよいのか、所在も突き止めたいのか、近況まで知りたいのかといったことを明確に探偵に伝えましょう。

事務所によっては、結果にかかわらず一定額が必要となる「定額制」や、調査にかかった時間に応じて料金が計算される「時間料金制」が採用されているところもあります。

探偵への依頼費用は安いものではありませんので、必ず相談時に明確な説明を受け、納得してから依頼するようにしましょう。

費用相場

探偵の調査費用は事務所によって異なりますが、家族・親族以外の人探しの場合は、10万円~100万円程度が相場といわれています。幅が広いですが、これは事案の依頼内容によって難易度が大きく異なることが影響しています。

プロのノウハウですぐに見つかるような場合なら10万円程度で済むこともありますが、長年交流がなかった相手で、手がかりも少ない場合には100万円を超えることもあります。

一般的にいうと、ざっくり見積もって40~50万円程度は用意しておいた方がよいでしょう。

費用を安くするための方法とは

探偵の調査費用を安く抑えるためのポイントは、次の2点です。

  • 低料金の事務所を探す
  • 自分でできる限りの調査をしておく

調査費用の水準は事務所によってまちまちです。中には不当に高額な料金を請求するところもありますが、相場を超えるような事務所に依頼するのは考えものです。逆に、費用が低すぎる事務所も、調査能力が低い、調査を後回しにされるなどのリスクがあります。

人探しに強くて定評のある事務所は、相場の範囲内で料金体系を定めているものです。その中で、できる限り適正料金の事務所を選ぶことをおすすめします。

そして、先ほどもご説明したように、自分でできる限りの調査を行って探偵に多くの手がかりを提供すると、調査にかかる時間を短縮できるので費用を抑えることにつながります。

また、調査費用を一度に支払えない場合は、分割払いや後払いに対応している事務所を選ぶとよいでしょう。

昔の恋人や好きだった人が見つかった後の対処法

調査の結果、昔の恋人や好きだった人が見つかった場合、アクセスする際には相手の気持ちを第一に考えることが大切です。相手が快く受け入れてくれたら、再会をして交流を深めるのも良いでしょう。

しかし、こちらが会いたいと思っていても、相手も同じように思っているとは限りません。もし、「会いたくない」と言われてしまったときは、多少の説得をすることは構いませんが、しつこく食い下がることはやめておきましょう。

人は、会いたくない相手から執拗に連絡されると嫌悪感を感じるものです。これ以上嫌われないためには、「元気でいるのなら安心した」とだけ伝えて、潔く終わりにするといった勇気を持つことも大切です。

つきまといや待ち伏せ、無言電話や頻繁なメール送信などのストーカー行為は、もってほのかです。警察に通報されて処罰されるおそれもありますので、絶対にやめておきましょう。

まとめ

初恋の人探しを探偵に依頼した場合の成功率は、70~80%程度だと言われています。特殊なケースを除いて、高い確率で所在を突き止めることができるでしょう。

大切な人の想い出を心の中にしまっておくのもよいですが、「気になる」「会いたい」と考えるならば、思い切って人探し調査をしてみることをおすすめします。

ただし、素人が自力で人探しをすると、相手のプライバシーを不当に侵害したり、法律に抵触する行為をしてしまい、相手にも迷惑をかけるリスクがあります。それを避けるためにも、プロの探偵に依頼して適切な調査を行うことを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名MJリサーチ総合探偵社クロル原一探偵事務所
画像MJリサーチ総合探偵社クロル原一探偵事務所
対応地域全国対応(10拠点)全国対応(4拠点)全国対応(18拠点)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
調査項目浮気、婚前、素行、人探しなど浮気, 婚前, 人探し, 行動など浮気, 人探し, 素行, 身辺など
料金調査員1名1時間8,800円最安値:66,000円~トライアル:55,000円~
調査実績毎月300件~2.4万件~10万件~
ローン×
クレジットカードJCB, visa, Master, AMEX, ダイナースJCB, visa, MasterJCB, visa, Master, AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
タイトルとURLをコピーしました
信頼性が高い探偵を比較お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す47都道府県から探す