タイトルとURLをコピーしました

当サイトはPRを含みます。

家出人調査とは?自分で探す方法から探偵に依頼すべきケースや費用まで解説

家出人調査とは?自分で探す方法から探偵に依頼すべきケースや費用まで解説
若梅秀孝

【監修】若梅秀孝
/MJリサーチ

探偵歴20年、テレビメディア出演や常任逮捕協力などを経験。長年の探偵歴から悩みを抱える相談者様へ的確なアドバイスと調査相談をいたします。

探偵歴20年、テレビメディア出演や常任逮捕協力などを経験。長年の探偵歴から悩みを抱える相談者様へ的確なアドバイスと調査相談をいたします。

この記事でわかること
  • 家出人調査は失踪から3日以内におこなうことで発見率が上がる
  • 警察は「一般家出人」は積極的に捜索しない
  • 緊急性が高い家出人調査は探偵が適している
  • 家出人調査の探偵費用相場は10万円~100万円

家族の中に家出人が出てお悩みではないでしょうか?失踪した家出人が自ら戻ってくる可能性が低いと感じたら、できるだけ早く家出人調査が必要です。

家出人の捜索では初期対応のスピードが何よりも重要と言われているからです。

この記事では、家出人を自分で探す方法、警察への相談時の注意点、探偵に依頼すべきケースや費用について解説します。家出人調査は一刻も猶予が許されないことが多いため、できるだけ早く行動に移すことをおすすめします。

家出人調査はスピードが勝負と言われています。一般家出人として警察が動かないなら探偵に相談しませんか!

目次
【全国対応】
おすすめの探偵事務所3選
MJリサーチ総合探偵社クロル総合探偵社AMUSE(アムス)
MJリサーチ バナー総合探偵社クロル バナー
事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール無料相談メール無料相談メール無料相談
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!

家出人が家出・失踪する原因とは

人が失踪や蒸発する原因は様々ですが、大きく「精神・病気の問題」「金銭問題」「家庭問題」「仕事の問題」「学業」「異性関係」「犯罪行為」に大別されます。

そして、以下のようなケースが多いと言われています。

  • 借金苦や生活苦による蒸発
  • 不倫相手との失踪
  • 恋人とのかけおち
  • 学校や職場でのいじめ
  • 家庭でのDV・モラハラ・パワハラ
  • うつ病など心の病
  • 非行による家出
  • 宗教に入信
  • 認知症による失踪
  • 事件に巻き込まれた

認知症の高齢者を除いて、突然、何の前触れもなく家出するというケースは稀で、普段から何か思い詰めていたり、自虐的な言動があるなど、何らかの兆候が見られるはずです。

家出人は、その悩みの深さに比例して家に戻らない可能性が高くなりますので、あらためて、家を出た理由や原因を考える必要があります。

家出人調査は初期対応が重要

家出人の調査は、失踪したばかりの初期対応が何より重要と言われています。

若年者や高齢者の家出人は調査が遅れることでトラブルに見舞われる可能性が高くなります。
また、大人の家出は、時間が経つにつれて痕跡が残らなくなるため、行き先を探し当てるのは困難になるからです。

発見できなくなる可能性が高まる|行方不明後3日間が大きな分かれ目

所在確認された行方不明者の所在確認までの期間(令和3年中)」
【引用】所在確認された行方不明者の所在確認までの期間(令和3年中)

警察庁の資料によると、警察の家出人捜索では行方不明になってからの期間が長くなるにつれて発見率が低下しています。

行方不明者全体で、受理当日に見つかったのは51.3%、そして2日~7日以内になると約32.1%と大きく低下します。家出人が行方不明になった場合、見つかる確率が高いのは3日間迄とよく言われますが、このように家出人調査は初動の対応の早さが極めて重要ということです。

人的トラブルに見舞われる可能性が高まる

家出人調査は対応が遅れてしまうことで取り返しのつかないことが起こるリスクが高まります。特に若年層は組織犯罪に巻き込まれたり、認知症の高齢者は死に至るケースがあります。

以下のようなトラブルやリスクが生じる可能性がありますので早期発見が重要です。

  • 犯罪に加担させられる
  • 売春や身売りされる
  • 自殺しようとする
  • 認知症の高齢者は餓死・凍死する

警察に家出人調査を相談する場合の注意点

家出人を捜索したいときに真っ先に思い浮かぶ相談相手は警察だという方は多いのではないでしょうか。

警察に家出人の捜索を依頼する方法や注意点についてご説明します。

警察への家出人調査の相談方法

警察には行方不明届(捜索願)を出すことになります。まず行方不明になった人の住所地、または直前まで住んでいた場所を管轄する警察署に出向いて届け出をします。

届け出ができるのは以下の人のみです。

  • 親権者および後見人
  • 配偶者(事実婚関係者も可)
  • 現に監護するもの(子どもの監護者)
  • 福祉事務員の職員
  • 上記のほか、同居人、雇主その他社会生活において密接な関係を有する者

行方不明者の最近の写真、行方不明時の状況を参考資料として持参のうえ相談をします。

警察が家出人調査に本腰を入れるのは特異行方不明者の捜索のみ

警察は相談内容を聞いた上で、行方不明者が特異行方不明者に該当するかどうかを確認します。特異行方不明者とは、事件性がある行方不明のケースのことです。

つまり警察は事件性が高ければ捜索願を受理して、関係者への事情聴取をおこない捜査に乗り出します。しかし、捜索願を受理しても事件性が少ないと判断したら「一般家出人」という自らの意思で家出をしたケースとして扱い、積極的には捜索しない可能性が高くなります。

そのため、ご自身の家出人の件を警察がどのように判断して取り扱うかをすぐに見極める必要があります。

自分で家出人調査をする方法とは

家出人調査では「警察が捜索に動いてくれない…」「探偵に依頼する費用がない…」といった状況ならば自力で探す他ありません。

失踪して時間がさほど経っていないならば、以下のように探し当てることができるかもしれません。

家出人がいる可能性がある場所を探す

家出人が失踪して間もないならば近隣にいる可能性があります。所持金が少なければ、尚更です。以下のような公共施設やお金がさほどかからず長居ができる場所などを調べてみましょう。

  • 公園
  • 図書館
  • 空き家
  • ショッピングモール
  • フードコート
  • ファミレス
  • ファストフードチェーン
  • マンガ喫茶

また、よく出かけていた場所があるならそこも必ずチェックしてみましょう。誰か係員がいる場所なら、家出人の写真を見せて来ていなかったかを確認してみましょう。

家出人が失踪した近辺でチラシやビラを配る

家出人がよく行っていた場所、最後に立ち寄ったと思われる場所の近辺で人探しのビラやチラシを配ってみるのもひとつの方法です。

目撃者や知人などが名乗り出てきてくれれば、有力な情報を得られる可能性があります。

失踪した周辺の民家に張り紙を貼らせてもらう

失踪した可能性がある場所、よく立ち寄っていた場所の周辺の民家に許可を得て、人探しの張り紙を貼らせてもらうのも良いでしょう。事情を話して困っていることを伝えれば、親切な家主ならこころよく受け入れてくれるかもしれません。

ただし、電柱に無断で張り紙を貼るのは「屋外不法広告物」になるため違法となります。処罰を受ける可能性がありますので、所構わず張り紙を貼るのは止めましょう。

家出人が親しい友人・知人に連絡する

家出人が親しくしていた友人・知人に連絡をして心当たりがないかを確認してみましょう。

連絡先がわからなければ、家出人とSNSでつながっている人を探してみましょう。ダイレクトメールを送って消息を確認してみるとよいでしょう。

また、卒業アルバムなどから連絡先を調べる、卒業校を訪問して卒業名簿を参照させてもらって調べるという方法もあります。個人情報の取り扱いが厳しい現在では参照できないケースもありますが、事情を伝えれば学校側が代わって確認をしてくれる可能性もあります。

Twitterから家出人調査の協力を呼びかける

Twitterを介して人探しをしている人は大勢います。ハッシュタグ(#)と名前を書いてツイートして情報提供を求めたり、同じ人探しをしている人にリツイートを協力してもらうなどの方法があります。

例えば、家出人と同じ場所で働いている人がそのツイートを見る可能性があります。SNSは若年層の家出人の捜索には効果的なケースがありますので試してみる価値はあるでしょう。

警察の行方不明者ページに掲載してもらう

警察の中には行方不明者届出を受理し、家族の同意を得た事案に関して、行方不明者の情報提供募集をおこなっている県警があります。

警察に行方不明者捜索を相談する際に行方不明者・身元不明の認知症高齢者の情報ページへの掲載を依頼してみましょう。警察の行方不明者情報を閲覧する一般の人は少ないですが、自治体職員、福祉関連の職業の人の中には定期的にチェックしている人もいます。

思わぬところで発見に至る可能性があります。

【参考】:行方不明者に関する情報提供のお願い|警察庁

家出人捜索サイトや掲示板を通じて探す

行方不明者の捜索を支援するサイトや掲示板はいくつかあります。そのようなサイトのほとんどは無料で情報掲載をしてくれます。家出人の名前、最近の写真、失踪場所などを明記の上、公開することができます。

一般の人はこのような家出人捜索サイトや掲示板を閲覧することはありませんが、これらのサイトをチェックしている家出人を探している人から新たな情報が得られる可能性があります。

新聞に家出人探しの広告を出す

新聞に家出人探しの広告を出すことができます。地方紙と全国紙またエリアによって料金は違いますが、地方紙で3行広告なら数千円程度、写真つきの広告なら数万円程度から掲載ができます。

若者中心に新聞の購読者は減っているため、家出人が若者の場合、得られる情報は少ないかもしれませんが、中高年以上は今も購読している人は多いです。

高齢者の家出人捜索をしている方は試してみる価値はあるかもしれません。

家出調査に強い探偵の特徴

家出調査で自分の手に負えない、警察が頼りにならないならば、探偵に依頼してすぐに捜索することをおすすめします。

探偵には得意分野というものがありますが、家出調査・人探しに注力している探偵事務所ならば、さまざまなスキル・ノウハウと経験があります。

家出調査に強い探偵は以下のような特徴があります。

依頼後即日から調査を開始してくれる

家出調査に強い探偵の多くは調査員を多数抱えているような中堅・大手の探偵事務所が多いです。というのも家出調査は緊急性を要する案件が多いわけですが、中小・個人の探偵は少人数で運営しているため、別案件で手一杯の場合は調査に対応できないためです。

中堅・大手の探偵ならば調査の難易度に応じて、すぐに調査員を2,3名以上確保して即日から調査を開始してくれるでしょう。

パソコンやスマホなどデバイス機器の調査ができる

残していったパソコンやスマホがある場合、それらのデバイス機器を調べることで、家出の原因や失踪先の手がかりが見つかる可能性があります。

スマホには通常パスワードがかかっていますが、デジタル・フォレンジックというデバイスに残されたデータや記録を回収して解析できる技術があります。

探偵の中には、このデジタル・フォレンジックに詳しい調査部署があったり、業者と提携していたりする事務所があります。これによって、家出人が閲覧していたネット記事、メール、SNSでつながりがある人がわかるため、有力な手がかりが得られる可能性が高いでしょう。

人海戦術を使った迅速な聞き込み調査

家出調査は時間との勝負です。時間が経過するほど調査は難しくなりますので、家出調査に強い探偵は依頼を受けたら、関係者、発見の可能性がある場所に一気にローラー作戦・人海戦術をおこないます。

聞き取り調査・ビラ配りなどをおこない手がかりを探しますが、このような対応の速さ、フットワークの良さにより迅速な調査ができるのは家出調査に強い探偵だけです。

警察犬を使った調査

家出調査に強い探偵の中には警察犬を使った調査をおこなう事務所もあります。

警察犬は訓練されており優秀で嗅覚の強さにより、洋服の匂いなどを辿って、家出人を見つけ出すことができます。失踪して間もないケースや近隣の場所にいる可能性があれば、匂いが残っているため、警察犬の捜査により発見できる可能性は高まります。

ドローンを使った調査

最近ではドローンを使った家出人調査をおこなう探偵事務所が増えています。

日本では住宅街や繁華街でドローンを飛ばすことはできませんが、都市部を離れて山や川などで家出人捜索をおこなう場合は有効です。ドローンで撮影した映像を調査員が解析して、対象者が映っていないかを確認します。

発見後の尾行・張り込み調査

家出人が発見できたけれど、すぐに本人とコンタクトを取らずに状況を監視したほうがいいケースがあります。例えば、「不倫相手との失踪」「恋人とのかけおち」「トラブル・犯罪に巻き込まれている」といった場合、どのような生活を送って、何をしているのかを確認することが大切です。

探偵は一定期間、家出人の行動を尾行・張り込みをおこない、対象者の行動や生活を写真・映像を撮影して依頼人に証拠として報告することができます。

家出の再発防止をアドバイスしてくれる

家出人が発見できたのもつかの間、多くのケースで問題となるのが再発です。若年層は家での生活に満足できずに再度家出をしたり、認知症の高齢者は徘徊・失踪を繰り返すことがよくあります。

家出調査に強い探偵ならば、発見後に面会の場に立ち会ったり、当人との話し合いをサポート、さらには高齢者の場合、セキュリティー対策など各種再発防止のアドバイスができます。

このような再発防止のアドバイスは家出問題に経験豊富な探偵だからこそできることと言えるでしょう。

探偵の家出人調査の費用について

探偵の家出人調査の費用は依頼内容の難易度つまり失踪状況(時間の経過、痕跡、手がかりの大小)や依頼する事務所によって大きく変わってきます。

探偵の家出人調査の費用で覚えておくべきポイントについてお伝えします。

探偵には3つの費用プランがある

探偵の費用プランは大きく3つありますので、まずはこれを覚えておく必要があります。と言うのは、探偵の家出人調査は事務所によってプランも費用も異なるからです。

  • 時間料金制:調査時間(1時間約1万円が相場)×調査員数
  • パックプラン:決められた日数(時間)+調査員数がセットになった料金
  • 成功報酬:着手金+報酬金 ※一般的に着手金を前払い後に調査着手

家出調査では、一般的に簡単な調査であれば時間料金制かパックプランが多く、難易度が高い場合には成功報酬で提案されるケースが多くなっています。

家出人調査の費用相場

探偵の家出調査の費用相場は10万円~100万円ぐらいと幅広くなっています。探偵の費用は調査の難易度によって、時間と調査員の数で決まるケースがほとんどです。

そのため、ある程度居場所がわかるような場合やネット/データ調査だけで特定できるようなケースは10万円程度で済む可能性があります。

しかし、難易度が高く調査が長期間に及ぶ場合は100万円を超えるようなケースも珍しくありません。

家出人調査で費用が高くなるケースと安くなるケース

家出人調査が難しく費用が高くなるケースと安くなるケースは以下のようになります。

【難易度が高く費用が高くなりやすいケース】

  • 手がかりがほとんどない
  • 行方不明になって1ヶ月以上が経過している
  • 駆け落ちして遠方に行った可能性が高い
  • 死亡(自殺含む)している可能性がある

【難易度が低く費用が安くなりやすいケース】

  • 手がかりが多い
  • データ調査/ネット調査で見つかる可能性がある

このように費用相場に差が出る大きな理由は「依頼内容」「失踪から探偵に依頼までの期間」「手がかりの大小」によります。

費用を安くするためにはどうすればいいのか

探偵の費用はできるだけ安く抑えたいものですが、そのために抑えておきたいポイントをご説明します。

失踪後できるだけ早く探偵に依頼すること

繰り返し伝えてきましたが、家出人調査は時間との勝負です。

「すぐに帰ってくるだろうと考えていたらいつの間にか1週間が過ぎた…」
「警察を頼りにしていたけれどまったく連絡が来ない…」

このように時間を浪費してしまうのは悪手です。失踪後は3日以内が大きな分かれ目と言われていますので、「家に戻る可能性が低い」「警察に民事事件として扱われた」ということならば、早めに探偵に相談して対策を練る必要があります。

手がかかりをたくさん集めて探偵に提供すること

手がかりが多ければ多いほど、探偵は家出人の行動や行き先の予測がしやすくなります。

以下のような情報がわかれば探偵に提供することで、素早く解決できて費用も抑えられるかもしれません。

  • 本人の顔写真/全身写真
  • 身体的な特徴
  • クレジットカードの明細
  • 買い物のレシート/請求書
  • 郵便物
  • メインバンクと支店名
  • 持病・かかりつけ医
  • 普段の交通移動手段
  • 職歴や資格
  • 恋人や親友の存在
  • 家出前の様子や会話内容
  • 預貯金額
  • よく行くお店
  • 利用しているSNS
  • 趣味

また、所持金や持ち出しているものがわかればそれも探偵に伝えましょう。未成年者や高齢者で所持金が少なければ、さほど遠くには行けないはずです。

  • 所持金
  • パソコン
  • 衣類・バッグなど
  • パスポート

家出人調査に強い信頼できる探偵に依頼すること

探偵の主な業務内容の約7割は浮気・不倫調査です。そのため、家出調査に強い探偵事務所というのは限られてきます。特に、家出調査は迅速な行動と緻密な聞き取り調査、さらには人海戦術・ローラー作戦が必要です。

他府県をまたいだ調査も必要になるため、一定規模の探偵事務所でなければ対応は難しい業務内容と言えます。また、費用も高額になるケースが多いことから、公正で信頼できる事務所を選ぶことが適正価格で早期発見するためにも重要になります。

いくつかの優良な探偵に相見積りをとること

はじめて探偵に依頼する方にとっては、費用感やサービス内容などわからないことが多いでしょう。その際、家出調査に強い探偵3社~ほどに相談して見積りをだしてもらうと良いでしょう。

探偵は基本相談無料・見積り作成も無料です。いくつかの事務所に相談することで、ご自身の依頼内容の難易度や費用相場、さらにはベストな解決方法がある程度わかるはずです。

家族が家出して心労が続く中ですが、より良い解決を図るためには、いくつかの探偵に相談してみることをおすすめします。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名MJリサーチ総合探偵社クロル総合探偵社AMUSE(アムス)
画像MJリサーチ バナー総合探偵社クロル バナー
対応地域全国対応(10拠点)全国対応(6支店)全国対応(9拠点)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
調査項目浮気、婚前、素行、人探しなど浮気, 婚前, 人探し, 行動など浮気調査、素行調査、婚前調査
料金調査員1名1時間8,800円1時間6,820円調査員1名1時間8,250円
調査実績毎月300件~3.2万件~相談実績2.5万件~
ローン
クレジットカードJCB, visa, Master, AMEX, ダイナースJCB, visa, MasterJCB, visa, Master, AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!

まとめ

家出調査を成功させるためには、「時間を有効に使うこと」「警察が捜索してくれるかすぐに見極めること」「自分で可能な範囲で調査してみること」「自力が困難なら早めに探偵に相談すること」の4点が重要です。

また、探偵に依頼するなら調査の成功と費用を抑えるためにも家出調査に強い優良な探偵に依頼すべきです。探偵SOSで紹介する大手探偵事務所は家出調査に経験豊富です。

相談は24時間365日対応しており、無料ですのでお気軽に問合せてみてはいかがでしょうか。

執筆者探偵SOS編集部

探偵事務所のクライアントのWebコンサルティング歴10年以上の経験を持つメンバーが探偵・興信所と連携しながら執筆・監修をおこなう。探偵や調査に関連する記事執筆は年間50本の経験・実績あり。

人探し/行方調査
探偵SOS
信頼性が高い探偵を比較お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す47都道府県から探す