GPSを使った浮気調査の方法とは?活用事例とおすすめ12選を紹介!

GPSを使った浮気調査の方法とは?活用事例とおすすめ12選を紹介!

GPSを使った浮気調査ってどうやればよいの?

パートナーが浮気をしているかも!GPSを使った調査方法を知りたい!

このように、配偶者の行動や態度が怪しいと感じたときに浮気を疑う方は多いと思います。そのようなときにGPSを使って浮気調査を行うことが可能。GPSの浮気調査は「誰でも簡単にできる」「安価に調査できる」というメリットがあります。しかし、使い方によっては違法調査になるというリスクがあるため注意が必要です。

本記事では、GPSを使った浮気調査の方法やおすすめ器具の選び方などについて解説しています。また、実際に浮気調査でGPSが活用された事例についても考察しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名MJリサーチ総合探偵社クロル原一探偵事務所
画像MJリサーチ総合探偵社クロル原一探偵事務所
対応地域全国対応(10拠点)全国対応(4拠点)全国対応(18拠点)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
調査項目浮気、婚前、素行、人探しなど浮気, 婚前, 人探し, 行動など浮気, 人探し, 素行, 身辺など
料金調査員1名1時間8,800円最安値:66,000円~トライアル:55,000円~
調査実績毎月300件~2.4万件~10万件~
ローン×
クレジットカードJCB, visa, Master, AMEX, ダイナースJCB, visa, MasterJCB, visa, Master, AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!

GPSを活用して浮気調査をする3つの理由とは?メリットやデメリットから考察!

GPSの活用を浮気調査でおすすめする理由としては、バレずに不貞行為の事実を確認しやすいことなどが挙げられます。

しかし、メリットがあるなかでデメリットも懸念されるため注意が必要。ここでは、GPSを活用した浮気調査をおすすめするなかで、メリットやデメリットについて下記のような内容で考察しています。

  • 違法性が懸念されるが浮気調査をしていることがバレにくい
  • GPSを操作して浮気や不貞行為における現場の特定ができる
  • 時間や労力はかかるが安価で浮気調査ができる

それでは、詳しくみていきましょう。

浮気調査でGPSを活用すべき理由は?

ここでは、浮気調査でGPSを活用すべき理由について解説しています。

浮気調査をしていることがバレない対策として、私たち探偵事務所・興信所もGPSを活用することがあります。

パートナーに浮気調査をしていることがバレにくい

GPSを用いた浮気調査は、パートナーにバレずに行動の把握ができるというところに大きなメリットがあります。

GPSで仕事やプライベートとは関係ない場所にいることが確認できたり、ラブホテルにいることが判明したりすれば浮気もしくは不貞行為の可能性を疑うべきでしょう。

浮気や不貞行為の現場を確認できる

GPSは、あくまでもWeb上でパートナーの行動が把握できる機器に過ぎません。

実際にGPSで記録された場所が本当に浮気や不貞行為の現場なのかは、実際に足を運び、目視で確認することが必至。浮気調査において、GPSは場所を特定する際の補助的なツールとして用いましょう。

安価で浮気調査ができる

小型のGPSなら数千円で手に入るため、費用を抑えたい方は安価で浮気調査することが可能。購入する際の料金相場の目安は数千円~数万円と幅はありますが、目的と用途に合った選び方をしましょう。

詳細については後述しますが、GPSを用いれば個人でも安価に浮気調査ができるところはおすすめする理由の1つといえます。

GPSを活用して浮気調査を行うメリットとデメリットは?

GPSによって得られた浮気調査の結果は、離婚調停や裁判に有効な証拠となる場合がありますが、下記の条件が揃っていなければなりません。

  • パートナーと浮気相手が現場に出入りしている写真や映像
  • 浮気行為もしくはそれに近い写真や映像
  • 浮気の事実を告白した音声

GPSを活用してこれらの証拠集めをすることは、効率的でおすすめです。しかし、メリットやデメリットについては理解しておく必要があるでしょう。

以下の記事で「調停や裁判に有効な浮気の証拠」について詳しく解説しています。

メリット

GPSを活用した浮気調査のメリットには、主に下記の4つが挙げられます。

  • 配偶者・パートナーの行動履歴がわかる
  • バレるリスクが少ない
  • 浮気現場がわかる
  • 安価に浮気調査ができる

GPS調査のメリットは何と言っても「自分で納得できるまで浮気調査ができる」「費用が安価ですむ」ということが挙げられます。

GPSをレンタルすれば、個人でも安価に浮気調査を実施することが可能。一方で、購入すれば数千円~数万円かかります。

パソコン・スマホが普通に使える方ならGPS機器を問題なく使うことができるため、自分で浮気調査をしたい方にとっては、GPSで手軽にパートナーがどこにいるのかを調べる行動調査が可能。パートナーの行動履歴や浮気現場を突き止めるのが目的ならば、利用価値は大きいといえるでしょう。

デメリット

GPSを活用した浮気調査のデメリットには、主に下記の4つが挙げられます。

  • 法的に有効な浮気の証拠は残せない
  • 調査には時間や労力が必要
  • 機器やソフトの利用が苦手な人には不向き
  • 違法性を問われるケースがある

GPSでパートナーの行動履歴や浮気現場が分かっても、浮気の決定的な証拠(写真・音声)までは残せないことはデメリットといえます。

つまり、「浮気の慰謝料請求」「離婚するための法的証拠」としては弱いというのが、GPS調査の限界だということ。また、GPSを用いて自分で浮気調査を行うことは、時間と労力が必要です。

家事が忙しくてGPSを確認する時間がない!

仕事の途中でGPSを確認する暇がないほど忙しい!

GPS機器やスマホの使い方が分からない!

GPSを活用した浮気調査は、このような方には不向きな方法といえるでしょう。

また、違法性に該当するケースがあることも挙げられますが、詳細については後述します。

GPSによる浮気調査の方法とは?入手方法や取り付け方について解説!

GPSによる浮気調査の方法とは?入手方法や取り付け方について解説!

GPS(Global Positioning System)とは、人工衛星の電波を機器(端末)が受信することで位置情報を表示することができるシステムのこと。代表的なものにカーナビが挙げられ、日本語では「全地球測位システム」と呼ばれています。

探偵事務所・興信所がGPSを業務内で活用するなか、安価で操作方法も容易なことから個人でも浮気調査で取り扱う傾向がみられます。実際、浮気調査を目的にGPS機器やアプリを密かに利用している方もいることでしょう。

ここでは、GPSの入手方法や浮気調査で活用する方法について解説しています。

GPSの入手方法は?

GPSを浮気調査で使う場合には、もちろん準備しなければなりませんが、具体的な方法が分からないという方もいることでしょう。

GPSの準備または入手方法として、下記のような3つのパターンが挙げられます。

  • GPS発信機を購入する
  • GPS発信機をレンタルする
  • 探偵事務所・興信所にGPSを準備してもらう

量販店やインターネット通販で入手できますが、費用相場としては数千円~数万円と金額に幅があるため、選び方には注意が必要。GPSの入手方法について、メリットとデメリットを下表にまとめました。

<GPSの入手方法におけるメリットとデメリット>

メリットデメリット
GPS発信機を購入した場合・お気に入りのGPSが手に入る
・時間を気にせず使用できる
・高価で目的のスペックを備えたGPSが手に入りにくい
GPS発信機をレンタルした場合・目的や用途に合致したGPSを選べる
・購入するよりも低予算でGPSを入手できる
・レンタルできる期間が限られている
・GPS本体の故障や紛失による弁償の発生
探偵にGPSを準備してもらった場合・プロの判断でGPS選びをしてくれる
・GPSの取り扱い方法を気にしなくてよい
・探偵費用がかかることがある
・探偵によって浮気調査への対応が異なる

GPSを取り付ける方法は?

浮気調査でGPSを取り付ける箇所は、主に車やバイクなどの車両がおすすめ。ここでは、浮気調査を目的に、GPSを車に取り付ける方法と場所を画像付きで解説しています。

浮気調査で車にGPSを取り付けるおすすめの場所は、下記の4つです。

  • 車体の下付近
  • 車内における座席シートの隙間
  • 車のトランクルーム
  • 車のエンジンルーム

それでは、画像付きで詳しくみていきましょう。

車体の下付近

GPSによる浮気調査の方法とは?入手方法や仕掛け方について解説!

車体の下付近は、浮気調査でGPSを取り付ける最適の場所の1つ。車の走行中に、振動などでGPSが外れないような場所に取り付けましょう。

また、マフラー付近の熱や雨天時でも取り扱えるよう「耐熱性」「耐水性」を備えたGPSを選ぶことをおすすめします。

車内における座席シートの隙間

GPSによる浮気調査の方法とは?入手方法や仕掛け方について解説!

浮気調査を目的にGPSを車内に取り付ける際は、パートナーにバレないよう工夫することが重要。車内においては、座席シートの隙間も浮気調査でGPSを取り付ける際の場所としておすすめですが、バレるリスクもあります。

車種によっては構造上、GPSの設置場所が分かりやすいこともあるため、注意しましょう。

車のトランクルーム

GPSによる浮気調査の方法とは?入手方法や仕掛け方について解説!

浮気調査のために車のトランクルーム内にGPSを取り付ける際は、なるべく小型機器を設置しましょう。

トランクルームは荷物を置く際などに、よくパートナーも見る場所の1つです。トランクルームの形状を活かし、バレにくい場所を見つけて取り付けてください。

車のエンジンルーム

GPSによる浮気調査の方法とは?入手方法や仕掛け方について解説!

車のエンジンルームは、浮気調査でGPSを取り付けてもパートナーにバレにくい場所の1つ。そもそも、頻繁に開ける人は少ないでしょう。

しかし、熱がこもりやすくGPSが外れれば車の故障や事故の原因になるだけでなく、浮気調査がパートナーにバレる恐れがあります。

そのため、車のエンジンルームにGPSを取り付けることは、素人には難易度が高いといえます。

GPSを使った浮気調査の仕掛け方と個人的な判断に要注意!

GPSを使った浮気調査は自分でも可能ですが、要所でプロの判断が必要な場面がいくつもあります。

そのため、単に浮気調査を目的に個人がGPSを設置するのはリスクが伴うため危険。そもそも、個人で調査できる範囲はパートナーの行動や浮気現場を特定するまでです。

目的が浮気の有無の確認だけならばGPSによる調査で十分ですが、慰謝料請求や離婚をしたい場合、GPSで収集した証拠は裁判所で認められないケースがあるため注意が必要。「浮気相手の特定」「不貞行為の証拠」を残す必要がありますが、その場合、探偵事務所・興信所に依頼して確実に証拠を残すことをおすすめします。

また、現在すでにGPS調査を実行している方のなかには「浮気の事実」「浮気現場」「浮気している時間帯」は分かったという方もいると思います。その場合、探偵に依頼すれば短期間で調査が終わりますので費用も安くできます。

GPSを活用すれば自分で浮気調査が可能!向いている人の特徴を解説!

GPSを活用すれば自分で浮気調査が可能!向いている人の特徴を解説!

パートナーの浮気を疑った場合、個人でGPSを入手して設置すれば調査ができるということは理解できたことでしょう。

しかし、取り付けたGPSがパートナーにバレて浮気調査をしていることを知られた場合は大きな問題に発展する恐れがあるため注意が必要。GPSを活用しながら個人で浮気調査を行う場合は、謙虚で目立たない行動を取るだけでなく、取り付ける場所の見極めが重要です。

それでは、個人で浮気調査を実施する場合、どんな人が向いているのか詳しくみていきましょう。

GPSを活用して個人で浮気調査をすることに向いている人の特徴は?

GPSを用いながら個人で浮気調査を行う場合、どのような人が向いているのでしょうか。

下記の4つの特徴でまとめました。

  • まずは浮気の事実だけを知りたい
  • パートナーがどこに行っているのかを知りたい
  • 探偵事務所や興信所に依頼する費用の持ち合わせがない
  • 機器やアプリの操作に抵抗がない

GPSを使って「浮気の有無」「パートナーの行動」を知るためには、何度も繰り返し調査が必要なケースが多く粘り強さが求められます。また、浮気調査をしていることがパートナーにバレないように、普段の生活で感情をコントロールして表情に出さないようにしなければなりません。

冷静に粘り強く、かつ用意周到に調査できるタイプの人がGPSの浮気調査に向いているといえるでしょう。

GPSを用いながら自分で浮気調査をする際の事前準備は?

GPSを用いての浮気調査が自分でもできることや向いている人の特徴が理解できたところで、何を準備すればよいのか分からない方もいることでしょう。

そもそも、GPSを用いながら個人で浮気調査をするには事前準備が必要。浮気や不貞行為の証拠集めに必要な事前準備について、下記にまとめました。

  • パートナーにバレていない車両の準備
  • 浮気調査がバレずに撮影できる場所の確認
  • 撮影機材の確保
  • GPSで浮気や不貞行為の現場を確認するサポーターの存在

もし離婚調停や裁判で、浮気の証拠を提示することを目的とするなら、事前に撮影の練習をすることも必至。証拠として受領できる映像や画像には一定のルールがあるため、探偵事務所・興信所に相談することも検討しましょう。

GPSはあくまでも探偵事務所・興信所に情報提供するための素材として残しておき、離婚や慰謝料について法廷で争う証拠は、プロに依頼することをおすすめします。

浮気調査で使えるGPSの種類は?選び方についても解説!

浮気調査で使えるGPSとは?種類と選び方について解説!

GPSを活用することは、浮気調査において便利で有効な手法の1つですが、目的や用途に応じた選び方をしなければ思うような結果が得られません。

そもそもGPSの種類には、主に下記の3つが存在します。

  • 記録型GPSロガー:本体に位置情報を保存する
  • リアルタイム型GPS(発信機):Web上で位置情報を即時確認できる
  • モバイル端末アプリのGPS:端末にダウンロードして浮気の実態を調査できる

それでは、詳しくみていきましょう。

浮気調査で使えるGPSの種類と選び方は?

浮気調査ができるGPSの種類と選び方について、その概要を下表にまとめて比較しました。

GPSの種類/機能主な特徴費用使い方/選び方
記録型GPSロガー位置情報を記録やや高い車に設置して行動履歴を記録
リアルタイム発信機リアルな位置情報を確認・記録高いバッグや持ち物の中に設置
モバイル端末アプリGPS相手のスマホにインストール安い相手のスマホにダウンロード

※費用や使い方は機器やアプリによって異なります。

記録型GPSロガー

GPSロガー
GPSロガーとは、車やバイクなどの車両やパートナーの持ち物に取り付けて位置情報を追跡・記録する機器のこと。対象者がどこに移動してどこに滞在したのかを確実に記録することができます。

浮気調査で取り付ける際は、車体の下(裏側)やエンジンルーム、トランクルームなど前述した場所に設置するのみで初心者でも簡単に取り扱えます。

費用も数千円~数万円と金額の幅広いものの、目安としては1万円も出せば探偵事務所・興信所が使用しているような高性能な機器を購入可能。おすすめのGPSについての詳細は、後述します。

夫婦が共有する車両にGPSロガーを取り付ける行為自体は違法にはなりませんが、配偶者の浮気調査を目的とした場合、ケースによってはプライバシー侵害に該当する可能性があります。また、浮気相手(他人)の車に取り付ける場合は、「住居侵入」「器物破損」のような刑法の違反に問われることがあるため注意しましょう。

リアルタイム型GPS(発信機)

リアルタイムGPS
リアルタイム型GPS(発信機)とは、対象者の行動をWeb上でリアルタイムに確認することができる機器のこと。小型で高性能な機器のため、配偶者のバッグや身の回り品のなかに設置をするなどして使用することができます。

家電量販店やインターネット通販でも販売されており、レンタルによる貸し出しもあります。そもそも子供の見守りや社員の行動調査などを目的に開発されたものですが、現在では浮気調査にも広く使用されています。

GPSロガー同様にパートナーの持ち物に発信機を取り付けるのはプライバシー侵害になる可能性があるため、使用する際は要注意です。

モバイル端末アプリのGPS

GPS携帯アプリ
モバイル端末アプリのGPSとは、iPhoneやAndroidのストアからダウンロードできる位置情報アプリのこと。人気のGPSアプリには「メール・SNSの閲覧」「ネット閲覧履歴の確認」「会話録音機能」などの浮気調査に効果的な拡張機能が備わっているものがあります。

使用方法はパートナーのiPhoneやスマホなど、モバイル端末にGPSアプリをダウンロードするだけです。

無料版や有料版など各種あり、その性能はピンきりですが、目的や用途に合わせた選び方だけでなく法令を遵守した取り扱いをすることが重要。携帯GPSアプリは高機能ですので浮気調査に利用したい気持ちはわかります。

しかし、勝手に他人の携帯にアプリをダウンロードする行為は「不正指令電磁的記録供用罪」や「不正アクセス禁止法違反罪」という刑法の違法行為に該当する可能性があるため注意が必要。ダウンロードしたことが、バレるリスクも高いため、利用はおすすめできません。

浮気調査でGPSを活用することで違法性を問われるリスクに要注意!

GPSを浮気調査で用いた場合、状況によっては違法性を問われることがあるため注意が必要。実際にGPSの違法性に関連する情報をWeb上で見かけて、このように感じたことのある方もいることでしょう。

GPSを使った浮気調査って違法なの?

結論からいえば、GPSを浮気調査で用いた場合の違法性についてはグレーゾーンです。

法律上は、GPSでの浮気調査は禁止されてはいませんが、許可されていることが具体的に言及されているということではありません。

GPSで浮気調査を実行しても、罰則が課せられるケースはほとんどみられないようですが、実行の過程で違法性が問われる可能性があるため注意が必要。その違法性について、下記に3つまとめました。

そもそも夫婦であっても、妻や旦那がどこで浮気をしているのかGPSで位置情報で探ることが、プライバシー権の侵害とされる恐れがあります。

また、他人の自動車の車体にGPSを仕掛ける場合でも傷を付けてしまえば器物損壊、敷地に入れば不法侵入の疑いが持たれるため要注意。ましてやiPhoneやスマホなどのモバイル端末にGPSアプリを勝手にインストールすれば、不正アクセスの疑惑を持たれてしまいます。

さらに、浮気調査のなかで決定的な情報を得たとしても、前述したような違法性を含む手段で収集された結果、裁判で証拠として取り扱われない可能性もあります。

GPSの浮気調査はこれらのリスクを踏まえたうえで、実施するかどうかを検討する必要があることを覚えておきましょう。

GPSを使った浮気調査の注意点とは?3つの活用事例から徹底考察!

GPSを使った浮気調査の注意点とは?3つの活用事例から徹底考察!

GPSを活用して浮気調査を行う際は、下記のようなリスクが伴います。

  • パートナーに浮気調査をしていることがバレる
  • 浮気調査がバレたときのトラブル(信頼喪失、修羅場)
  • 浮気調査に時間がかかる
  • GPSでは写真や音声などの決定的な証拠は残せない
  • 何もなかったときの罪悪感または徒労感

GPSを用いながら自分で浮気調査をするリスクには「時間がかかる」「証拠が行動履歴だけ」が挙げられますが、調査内容がパートナーに知られるようなことがあってはなりません。

浮気や不貞行為の証拠が掴めないだけでなく、夫婦関係が冷え込むことで、今後の生活に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

またGPSによる浮気調査の結果、不貞行為の事実がなかったとしても、パートナーを調べたことに対する罪悪感や実行したことの事実は一生知られてはなりません。うっかり大掃除や断捨離または引っ越し準備などで、浮気調査を実行した事実が露呈しないよう、確実に証拠隠滅を図ることは必要な作業です。

ここでは、GPSを用いた浮気調査における活用事例を考察しています。詳しくみていきましょう。

事例①|家に帰ってこない旦那にGPSを取り付けて浮気調査した結果とは?

旦那がなかなか家に帰って来ず、浮気を疑った妻がGPSを取り付けて調査を開始した事例です。

結果的に、浮気相手のマンションに寝泊まりしていることが発覚し、GPSをもとに得た証拠で慰謝料を請求しました。

慰謝料の請求にGPSが上手く活用された事例ですが、前述したとおり一定のルールに基づいた根拠が必要なため取り扱いには注意しましょう。

事例②|GPSを用いて浮気調査をしたら逮捕された!

GPSで浮気調査をする際に、刑法違反を犯してしまった事例です。

その結果、逮捕され20日間の拘留を余儀なくされました。パートナーの浮気を調査するはずが、度を過ぎた行動で自分が逮捕されることもあるため、注意しましょう。

事例③|会社で密会?経営者の妻がGPSで浮気調査!

経営者の妻で、旦那が会社で浮気相手と密会している可能性を示唆した事例です。

GPSで位置情報を公開していても、会社で浮気相手と不貞行為を行っている可能性があるため、注意が必要。場合によっては、GPSを頼りに浮気現場に向かうなど積極的な行動が求められます。

浮気調査でおすすめのGPS12選!特徴とスペックを徹底比較!

浮気調査でおすすめのGPS12選!特徴とスペックを徹底比較!

浮気調査でGPSを用いれば、パートナーの位置情報や不貞行為の現場を押さえることが可能。しかし、GPS機器はそれぞれに特徴やスペックが異なり、何をどのようにして選べばよいのか分からないという方もいることでしょう。

浮気調査でおすすめのGPSは、下記の12種類です。

  • 記録型GPSロガー
  • リアルタイム型GPS(発信機)
  • 超小型のGPSキーホルダー
  • soranome(空の目)のGPS
  • Oaxis Japan「My First」のGPS搭載グッズ
  • ひさいスポーツのGPS搭載グッズ
  • 各キャリアの子供(キッズ)用携帯
  • 【無料/有料版あり】モバイル端末専用の位置情報アプリ「Life360」
  • 【無料/有料版あり】GPS追跡アプリ「iシェアリング」
  • 【完全無料】iOS専用のGPSアプリ「Homey(ホーミー)」
  • 【完全無料】モバイル端末専用のGPSアプリ「NauNau」
  • 【完全無料】モバイル端末専用のGPS「ココイル」

GPSに特化した端末だけでなく、キーホルダーや時計に位置情報機能が搭載されているグッズなども存在します。

浮気調査の目的や用途に応じた選び方が重要ですが、種類別の費用やスペックも考慮しなければなりません

浮気調査におけるおすすめのGPSの特徴や費用、スペックについて下表にまとめました。

<浮気調査におけるおすすめGPSの比較表>

浮気調査におすすめのGPS特徴費用スペック
記録型GPSロガーログストック型の機器数千円~数万円バッテリーの持続性が低い
リアルタイム型GPS(発信機)Webで即時追跡可能数千円~数万円停車時のバッテリー節電機能を搭載
GPSキーホルダー超小型でバレにくい数千円~数万円録音機能付/モバイル端末との連動が可能
soranome(空の目)のGPS従来は子どもの見守り用GPS月額539円~SOS機能の搭載
Oaxis Japan「My First」のGPSシンガポール発祥約2万円前後~音声/ビデオ通話が可能
ひさいスポーツのGPS大人向けGPS約1万円前後~最大15時間の持続性
キャリアの子ども(キッズ)用携帯キャリア保障で安心安全ドコモ:月額550円~など対象エリアの出入りで通知
Life360モバイル端末用アプリ無料~月額450円位置情報の誤差はほとんどなし
iシェアリングモバイル端末用アプリ無料~年額7,600円誤差10~80mの位置情報
Homey(ホーミー)iOS端末用アプリ無料シンプルで見やすく操作性が高い
NauNauモバイル端末用アプリ無料アプリを開かなければ位置情報が更新されない
ココイルモバイル端末用アプリ無料知名度が低く不具合もいくつか報告されている

まとめ

GPSを使った浮気調査の方法とは?活用事例とおすすめ12選を紹介!

今回は、GPSを使った浮気調査の方法やおすすめの機器、用途や目的に応じた選び方などについて解説してきました。

また、実際にGPSを用いた浮気調査の事例についても考察しましたが、安価で入手しやすいことから個人でも実施することが可能。しかし、パートナーに調査内容がバレないようにすることが重要です。

さらに浮気調査を実施したことが一生知られないよう、しっかりと証拠隠滅を図ることが今後、夫婦円満に過ごすポイントといえます。

そもそも、GPSを使った浮気調査は「自分で簡単にできる」「費用も安くなる」というメリットがある一方で、パートナーとのトラブルや違法性というデメリットがあることには留意しておくことが重要。自分で浮気調査をする問題点を理解したうえで、正しい選択をしましょう。

もし、浮気や不貞行為の確実な証拠が必要であれば、自分ではリスクを取らずに早い段階で探偵事務所・興信所に依頼することも検討することはおすすめ。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名MJリサーチ総合探偵社クロル原一探偵事務所
画像MJリサーチ総合探偵社クロル原一探偵事務所
対応地域全国対応(10拠点)全国対応(4拠点)全国対応(18拠点)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
調査項目浮気、婚前、素行、人探しなど浮気, 婚前, 人探し, 行動など浮気, 人探し, 素行, 身辺など
料金調査員1名1時間8,800円最安値:66,000円~トライアル:55,000円~
調査実績毎月300件~2.4万件~10万件~
ローン×
クレジットカードJCB, visa, Master, AMEX, ダイナースJCB, visa, MasterJCB, visa, Master, AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
タイトルとURLをコピーしました
信頼性が高い探偵を比較お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す47都道府県から探す