タイトルとURLをコピーしました

当サイトはPRを含みます。

人探し調査は自分でできる?無料で行える5つの方法を徹底解説!

人探し調査は自分でできる?無料で行える5つの方法を徹底解説!

家出や失踪した家族を探したい!

遺産相続で相続人を探したい!

他にも結婚詐欺や投資詐欺のトラブルでお金を取り戻したい、恩人の消息を知りたいなど、数多くの相談が寄せられています。

当メディア「探偵SOS」では、探偵事務所・興信所と相談依頼者とのベストマッチングをサポートしています。

この記事でわかること
  • 人探し調査を自分で行えばお金をかけずに無料でできる
  • 自分で人探し調査をする具体的な方法
  • 人探し調査に関して無料相談を実施している探偵事務所・興信所がある
  • 人探し調査の事例

本記事では、人探しを無料で行う方法や弊社に寄せられた実際の調査事例などを紹介しています。

もし自分ひとりで人探しを行うなかで行き詰ったら、探偵事務所・興信所に相談することも検討しましょう。相談は無料です。

ぜひ、最後までご覧ください。

【全国対応】
おすすめの探偵事務所3選
MJリサーチ総合探偵社クロル総合探偵社AMUSE(アムス)
MJリサーチ バナー総合探偵社クロル バナー
事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール無料相談メール無料相談メール無料相談
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!

人探し調査は自分でできる!無料で行える5つの方法について解説!

人探し調査は自分でできる!無料で行える5つの方法について解説!

人探し調査は探偵事務所・興信所でも無料で相談することができますが、なかには他人に話せないという方や今後かかる費用について懸念している方もいることでしょう。

人探しは自分で行うことで、お金をかけず無料で調査できます。

まずは、人探し対象者の痕跡や手掛かりから見つけることに専念しましょう。

  • 手帳|対象者の交友関係や足取りがつかめる
  • 雑誌|対象者の行動や思考が読み取れる
  • パソコン|保存データやアカウントから人探しのヒントを得る

家出や失踪による人探しで有効な手掛かりを発見できるケースも少なくありません。

ただし、家族以外の場合は家に入るために管理者の許可を得なければ、住居侵入罪などの犯罪に問われることがあるため注意しましょう。

現代では、人探し対象者が若年層であればインターネットを活用した方法がおすすめ。一方で、高齢層であれば新聞やポスターなどのオフラインで人探しをするのもよいでしょう。

注意点

無料で人探しをするのに新聞やポスター、ビラも一部有効な場面もみられますが、インターネットが普及した現代において効果は薄いといえます。また新聞は費用がかかるため、無料で人探しをしたい方にはおすすめしません。

ここでは、無料で人探し調査を行う方法をまとめました。

SNSアプリを活用する

人探しを自分で行うには対象者の痕跡を探ることが重要だということについては、前述したとおりです。

SNSを活用すれば無料で調査を行うことができるだけでなく、直近の対象者のSNSアカウントから手掛かりを見つけられる可能性があります。

利用している可能性が高いSNSは、下記の4つです。

  • Instagram:対象者が若年層の場合におすすめ
  • Twitter:対象者が中年層の場合におすすめ
  • Facebook:高齢層が対象の場合におすすめ
  • LINE:全世代で幅広く利用されている

それでは、SNSを活用した人探し調査にフォーカスして、詳しくみていきましょう。

Instagramを活用する

Instagramは、画像や動画を中心に投稿する原則無料のSNSで、若年層を中心に人気があります。人探し対象者の本名やニックネームで検索して探してみましょう。

特に人探し対象者が若年層であれば、Instagramを利用している可能性があり何らかの足取りがつかめる可能性があります。また、実際に人探し対象者のInstagramアカウントを発見できれば、リアルタイムに近い動向を確認できます。

SNSの特性上、いつでもアップロードできるため投稿内容から情報は獲得できても、現時点での居場所が明確に分かるということではないため注意しましょう。

Twitterを活用する

Twitterは短文メッセージや写真、動画を投稿して多くの方々と情報を共有する原則無料のSNSで、国内ユーザーは4,500万人以上います。本名やニックネームを検索することで、探している人のアカウントを探せます。

特にTwitterは、他SNSを圧倒する拡散アルゴリズムが強力なところが魅力の1つ。フォローしている共通の知人や友人から一気に拡散されるため、人探し対象者に関連する何らかの情報を獲得しやすい環境が整います。

このことから、人探し対象者のアカウントを発見できる可能性が高まるでしょう。

さらに、投稿している文章や画像から現在の居場所を特定できるためおすすめ。しかし名前や顔写真のツイートにより個人情報を侵害してしまう危険性が伴うため、取り扱いには十分注意しなければなりません。

Facebookを活用する

Facebookは本名で登録するルールになっているSNSですが、特に高齢層に支持されており、原則無料で利用できます。

本人がフェイスブックに登録していなくても、探したい人の友人や知人、家族などを見つければメッセージを送って現在の居場所を聞き出せる可能性があります。

具体的には共通の友人や知人の友達リスト、また人探し対象者の出身校や勤務先で検索することで無料で情報を得ることができます。

LINEを活用する

LINEはユーザー同士で文章や写真をやり取りできる原則無料のアプリで、国内で約8,400万人が活用しています。

人探し対象者も利用しているケースもあり、メールアドレスや電話番号と連動してアカウントを発見できる可能性があります。

しかし、LINEは本名ではなくニックネームで登録することが可能なため、本名と紐づける根拠が見つけにくいところが欠点。LINEだけで人探し対象者の動向を特定することは困難ですが、他の方法と並行すれば発見率も高まることが期待できます。

ちなみに、人探し対象者がタイムラインを公開設定している場合はリアルタイムで閲覧できるため自分で調査できる方法の1つといえます。

人探し専用のインターネット掲示板を利用する

インターネットの検索で、下記のように入力すると、検索結果から人探し専用の掲示板がいくつか表示されます。

人探し 掲示板
検索

掲示板に人探し対象者の名前や特徴、写真などを投稿すれば情報を集めることが可能。人探しするだけであれば原則無料でできます。

人探しの掲示板の特徴としては対象者の名前や顔写真、消息不明となったときの情報などが一般公開されています。また、情報の正確性としては信用に値しないケースもみられるため、あくまでも参考程度に留めておくことが重要です。

基本的には素人が人探し調査を行うケースが想定されるため、個人間のトラブルには注意しましょう。

注意点

人探し専用の掲示板はいくつかありますが、なかには謝礼を支払うシステムがあるケースもみられます。また個人情報の取り扱いには、十分注意してください。

公的機関の記録台帳から動向を推測する

公的機関には個人に関する情報や住所を特定できる情報が登録されており、なかには、本人以外の同一世帯者または第3者でも確認できる書類があります。

例えば、下記の公的書類です。

  • 戸籍の附票:住所の履歴から動向を探ることができる
  • 住民票の除票:同一世帯者であれば取得可能
  • 官報:破産者や帰化した人の住所を調査できる
  • 不動産登記簿:名簿業者の所有する不動産所有者リストを検索して人探し
  • 商業登記簿:人探し対象者が法人代表者の場合に住所が確認できる

公的機関が公開している情報を確認すれば、人探し対象者の居場所を特定できる可能性があります。

戸籍の附票

戸籍の附票とは、市区町村が管理する住民台帳の1つで、戸籍の登録情報や住民票の遷移が記録されています。

戸籍が作られて以降、現在までの住所の履歴が記録されており、過去の情報から遡って人探し対象者の動向を探ることができます。

離婚後でも配偶者なら除籍者として取得できる書類です。

住民票の除票

住民票から除票されるということは、転居もしくは死亡している可能性があります。

人探し対象者が住民登録していた市区町村で発行される書類ですが、かつて住んでいた証明ともなり得るため、情報収集のヒントが見つかる可能性があります。

原則本人が申請できる書類ですが、委任状があれば同一世帯者でも取得できます。

官報

インターネット版の官報では、破産者や帰化した人の住所などを調査することが可能。また、不定期に除籍や債務に関連する情報も発信しており、人探し調査のヒントとなり得ます。

検索機能が有料版でしか活用できませんが、お金をかけずに無料でも公開されている情報からでも役に立つ情報が得られます。

ちなみに、帰化について調査するには、帰化前の氏名をあらかじめ知っておく必要がありますので注意しましょう。

不動産登記簿

人探し対象者が不動産を所有している場合には、不動産登記簿によって情報が得られます。

名簿業者の所有する不動産所有者リストを検索することで、対象者の氏名や過去に所有していたという情報を確認することが可能。しかし、不動産を売却もしくは処分していれば頓挫してしまいますので注意が必要です。

商業登記簿

人探し対象者が法人代表者の場合に活用できる書類として、商業登記簿が挙げられます。

商業登記簿には対象者の住所が記載されており、人探しのヒントとなり得ることでしょう。

基本的に商業登記簿は、法務局で取得することが可能。その他、インターネット検索でも概要が確認できますので、人探し調査の方法として組み込むのもよいでしょう。

共通の知人に協力してもらう

自分で人探しを無料で行うには、共通の知人に協力してもらうことも重要なポイント。例えば、聞き込みによって人探しをする方法があります。

人探し対象者の友人や知人に連絡して、ストレートに現在の居場所を聞いたり、居場所を突き止める手がかりになりそうなことを聞き出したりします。

共通の知人から、下記の内容を聞き出せると人探し調査がスムーズに進みます。

  • 対象者がよく利用していたSNS
  • 直近で仲良くしていた友人や知人
  • 最近抱えていた対象者の悩み

まずは、人探し対象者を見つける手掛かりを発見できるように注力しましょう。

警察に相談する

無料で人探しをしたいときには、警察に相談することも検討しましょう。

特に人探し対象者が事件、事故に巻き込まれた可能性がある場合は警察に捜索願を提出して協力を仰ぐことができます。

警察独自の人探し

警察は、必要に応じて国家権力を行使しながら人探しをしてくれます。

そのため、普段ひとりではできない方法で対象者を探すことが可能。例えば、家族が警察に捜索願を提出すれば、事件性がある場合に限り特異行方不明者として捜索を始めます。

一般人は携帯電話の位置情報や市中の防犯カメラの映像を見れませんが、警察なら閲覧可能です。手掛かりをつかむと、捜査員を動員して捜索活動が本格化します。

事件性のない人探しは対象外

人探しに際し事件性がみられない場合は、警察への協力は期待できません。

未成年が対象の場合は対応してくれることもありますが、事件性の有無を判断してもらえる情報を警察に提供しながら人探しを行うことが重要です。

人探しは探偵事務所・興信所に無料で相談できる?メリットや手順についても解説!

人探しは探偵事務所・興信所に無料で相談できる?メリットや手順についても解説!

人探し調査を受け付けている探偵事務所・興信所は存在します。

もう自分で人探しするのは限界・・・。誰かに頼りたい!

探偵事務所・興信所で行ってくれる人探しってどんな調査をしてくれるの?

人探し調査が難航し、もう自分ではどうしようもないという方もいることでしょう。

そのようなときには、探偵事務所・興信所の無料相談を利用することをおすすめします。探偵事務所・興信所は、人探しのプロです。素人では見落としてしまうようなことを手掛かりにして、人探しをしてくれることでしょう。

ここでは、人探し調査を無料で相談できる探偵事務所・興信所の特徴やメリット、依頼までの流れについて解説しています。

人探し調査は無料で探偵事務所・興信所に相談できる!

自分で人探しを行ってきて「もう限界」と感じた方もいることでしょう。

人探しは、探偵事務所・興信所に無料で相談することが可能。下記のような方法で人探し調査を行ってくれるため、安心して相談することができます。

  • 人探し対象者周辺の聞き込み
  • 親交関係のある方への張り込みや尾行
  • 探偵犬による調査 など

探偵事務所・興信所に人探しを依頼した際の成功率は、なんと約7~8割です。

もちろん調査を依頼をすると費用がかかりますが、そのときの料金相場は1週間で約50万円~60万円。なかには、約20万円でおさまったというケースもありますので、見積もりを出してもらうようにしましょう。

国内には6,500以上もの探偵事務所・興信所が存在するなか、選び方も重要なポイント。下記に紹介する関連記事を参考にして、自分が行いたい人探し調査と合致した探偵事務所・興信所を選びましょう。

探偵事務所・興信所に人探しを依頼するメリット

ここまで自分でお金をかけずに人探し調査を行ってきて、いまさら探偵事務所・興信所に依頼することに躊躇している方もいることでしょう。

探偵事務所・興信所に人探しを依頼するメリットには、下記の3つが挙げられます。

  • 人探し調査がスピーディーに進む
  • 人探し対象者を発見する確率が上がる
  • 自分の時間を取り戻せる

探偵事務所・興信所への人探しに関連する相談は無料ですが、依頼するとなれば有料となります。

しかし、プロの探偵に人探しを依頼することで物事がスピーディに進み、対象者を発見できる可能性が高まります。

何より、自分が人探し調査にかけられる時間が有限のなかで、探偵による協力で有意義な時間を取り戻せるところは大きなメリットといえます。

人探し調査に関連するQ&A

人探し調査の無料相談に関連するQ&A

探偵SOSでは、いくつもの人探し調査に関連するお問い合わせをいただいております。

ここでは、そのなかでもお問い合わせ頻度の高い内容をピックアップしてお答えしています。

Q1)自分で人探しをするのにおすすめのアプリはありますか?

自分で人探しするのにおすすめのアプリは、前述したなかではLINEです。

無料で利用できるだけでなく、幅広い年代層から支持されている背景から人探し対象者もアプリを入れている可能性があります。

過去には電話番号と連動して表示される「知り合いかも?」の機能を活用して、人探し対象者を発見できたという事例もあります。

Q2)人探し調査で探偵が依頼を受けてくれないケースはどのような内容ですか?

探偵業法の第6条には、個人の権利について下記のように言及されています。

人の生活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害することがないようにしなければならない。

原則として、ストーカー行為(別居しているDV夫や元カレ・元カノなど)やDV被害の助長、芸能人を探すというような調査依頼はお受けできません。

例えば、「毎日同じ電車に乗っていた女性が最近居ない」「カフェで働いていたイケメン男性を探したい」のような内容で事件性が問われそうな場合は依頼をお断りすることがあります。

【実例あり】人探し調査は探偵事務所・興信所に無料相談できる!具体的な内容についてケース別に紹介!

人探しは探偵事務所・興信所に相談することで素早い発見、そして円滑な調査が可能。無料相談を受け付けている探偵事務所・興信所もあり、現状置かれている環境に合致した条件で選ぶことが重要です。

人探し調査は自分でも行えますが、探偵事務所・興信所に相談依頼することでさまざまなメリットが得られるでしょう。

ここでは、探偵SOSが実際に相談を受けた人探し調査の事例についてまとめました。

注意点

探偵は人探しのプロですが、相談者の依頼なら誰でも探してよいということはありません。探偵業法第6条に「人の生活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害してはいけない」と定められています。具体的には、ストーカー行為・DV被害の助長、芸能人を探すなどの調査はできません。

事例①|遺産相続で相続人(家族)を探したい

先日、父の義兄弟が亡くなりました。

病院に聞いても家族の連絡先が分からず、身元不明のまま行政に引き渡したとのこと。やむなく火葬代を負担しましたが、いろんなところで相談したところ遺族人や相続人を探すしかないといわれました。

私の父が健忘症を患っていることから、直接私に連絡がきました。どうしたらよいか分かりません。

事例②|失踪(家出)した兄弟・姉妹を探したい

(仮名)さんという、50代男性の方を探しています。

私は異母兄妹で、その関係性としては「兄」にあたります。

特に何か問題があるわけではなく、ただ純粋に会いたいと思っていますが消息不明です。以前は、〇〇県に在住していました。

事例③|投資詐欺・結婚詐欺に遭ってお金を取り戻したい

借金の返済が済んでいないのに、着信拒否と音信不通で困っています。

騙し取られたことで生活が困窮しています。

何とか探し出してお金を取り戻したいです。

事例④|恩人や昔の恋人の消息を知りたい

旧姓、(仮名)さんを探しております。

〇〇病院でご勤務されていた看護師さんで、〇〇県〇〇市のご出身です。

入院中に非常にお世話になり、お礼も申したくお元気でおられるのか知りたく、その後の消息を探しております。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名MJリサーチ総合探偵社クロル総合探偵社AMUSE(アムス)
画像MJリサーチ バナー総合探偵社クロル バナー
対応地域全国対応(10拠点)全国対応(6支店)全国対応(9拠点)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
調査項目浮気、婚前、素行、人探しなど浮気, 婚前, 人探し, 行動など浮気調査、素行調査、婚前調査
料金調査員1名1時間8,800円1時間6,820円調査員1名1時間8,250円
調査実績毎月300件~3.2万件~相談実績2.5万件~
ローン
クレジットカードJCB, visa, Master, AMEX, ダイナースJCB, visa, MasterJCB, visa, Master, AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!

まとめ

人探し調査は自分でできる?無料で行える5つの方法を徹底解説!

今回は、人探し調査はお金をかけずに無料で自分でもできるというテーマで解説してきました。

SNSやアプリなどのインターネット技術やポスターなどのオフラインによる方法を駆使すれば、無料で人探し調査ができます。

しかし、自分で人探しできる範囲は限られるため、思うような行動が取れないこともあるでしょう。

協力が必要な場合には、警察や探偵事務所・興信所に相談することも方法の1つ。特に短期間で対象者を発見したい場合には、人探しのプロでもある探偵に相談することをおすすめします。

信頼性が高い探偵を比較お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す47都道府県から探す