浮気証拠写真の必要性とは?確実な証拠になる写真や効果的な撮り方を解説

探偵 浮気写真証拠写真

この記事でわかること
  • 配偶者の浮気を証明するには浮気証拠写真が有効である
  • 確実な浮気証拠写真があれば配偶者に浮気を認めさせることができる
  • 浮気の証拠になるのは不貞行為が推測できる写真のみ
  • 浮気証拠写真の撮影は浮気調査専門の探偵に依頼するのがおすすめ

配偶者に浮気の疑いがある場合、それを証明するには浮気証拠写真が効果的です。しかし、写真は浮気の事実を証明する確実なものでなければなりません。浮気の証拠にならなければ配偶者に浮気を認めさせることができず、慰謝料や離婚請求も難しいでしょう。

この記事では、浮気証拠写真が必要な理由とともに、浮気の証拠にできる写真・できない写真の違いや効果的な写真の撮り方をご紹介します。

探偵SOS バナー

浮気証拠写真が必要な理由

配偶者の浮気を明らかにするには、確実な証拠が必要になります。たとえば、スマートフォンの通話履歴やメールのやりとり、ホテルの領収書などがあったとしても、浮気相手との不貞行為を推測できなければ有効な証拠とはいえません。

一方、配偶者と浮気相手がホテルに出入りする写真や不貞行為の写真は、浮気の事実を証明する効果的な証拠になるでしょう。浮気の証明として浮気証拠写真が必要な理由は次のとおりです。

浮気の事実を配偶者に認めさせるため

配偶者に浮気を問い詰めたとしても、確実な証拠がなければシラを切られるかもしれません。浮気を認めれば慰謝料や離婚請求に応じなければならず、それを拒否したい配偶者は頑なに浮気を認めないでしょう。

しかし、浮気の事実を証明する有効な浮気証拠写真があれば言い逃れできず、配偶者に浮気の事実を認めさせることができます。

配偶者や浮気相手に慰謝料を請求するため

婚姻中に浮気があったことを明らかにする浮気証拠写真が撮れれば、配偶者は浮気の事実を認めるしかありません。浮気証拠写真によって浮気を証明することで、配偶者や浮気相手に対して慰謝料を請求できます。

浮気の慰謝料を支払う責任は配偶者と浮気相手両方にあリます。例えば、離婚が前提であれば配偶者に対して、離婚を考えていない場合は浮気相手など、どちらに慰謝料請求をするか選べます。

慰謝料の金額は変わりませんが、配偶者・浮気相手両方へ請求することも可能です。

浮気の証拠にできる写真・できない写真

浮気証拠写真として有効なのは、浮気現場をおさえた写真です。しかし、法律上の「浮気」とは肉体関係(性交渉)であり、浮気と断定するには不貞行為を推測できる写真でなければなりません。

浮気の証拠にできる写真とできない写真には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、浮気の証拠にできる写真・できない写真について解説します。

浮気の証拠にできる写真

浮気の証拠にできる写真の一例は次のとおりです。

•配偶者と浮気相手がラブホテルに出入りしている写真
•配偶者と浮気相手が自宅に出入りしている写真
•性行為中やそれに近い写真

現実的に考えると性行為中の写真を撮影することは難しいため、浮気の証拠として撮影しやすいのはラブホテルや自宅に出入りしている写真になるでしょう。

ただし、一度きりでは浮気の証拠としてはやや弱く、複数回現場をおさえた写真があれば定期的に不貞行為があったと証明できるでしょう。

浮気の証拠にできない写真

浮気の証拠にできない写真の一例は次のとおりです。

•配偶者だけが浮気相手の自宅に出入りしている写真
•配偶者と浮気相手がラブホテルに入って行く写真(出て行く写真はない)

配偶者がひとりで浮気相手の自宅に出入りする写真は、浮気相手が自宅にはいなかったと主張される可能性があります。また、ラブホテルに入って行く写真のみで出て行く写真がなければ滞在時間がわからず、浮気の確実な証拠とはいえません。

なお、法律上浮気と認められるのは性交渉であり、2人で会っている写真、手をつないでいる、キスをしている写真は確実な浮気証拠写真にはなりません。

スマホチェックで見つけた写真は浮気の証拠にできる?

配偶者のスマートフォンをチェックして浮気の証拠になりそうな写真を見つけても、それが確実な証拠として認められるとは限りません。

たとえ配偶者であっても人のスマートフォンを勝手に見るのはプライバシーの侵害にあたり、慰謝料などの損害賠償を請求される可能性があります。

このようなリスクを考えると、浮気の証拠を掴みたくてもスマホチェックは避けた方がよいでしょう。

原一探偵事務所は【国内18拠点】全国どこでも調査いたします!
北海道・東北エリア 札幌 | 仙台
北関東エリア 大宮 | 川越 | 高崎 | 水戸
南関東エリア 東京(日本橋) | 新宿 | 横浜 | 千葉
中部エリア 名古屋 | 静岡
関西エリア 大阪 | 神戸
中国・四国エリア 岡山 | 広島 | 松山
九州エリア 福岡

浮気の証拠として効果的な写真を撮るには

写真が浮気の証拠として認められるには、その写真が浮気を証明する効果的なものでなければなりません。自分で浮気証拠写真を撮る場合は、どのように撮影すればよいかあらかじめ知っておく必要があります。

ここでは、自分で浮気証拠写真を撮るポイントをご紹介します。

配偶者の行動パターンを把握しタイミングを狙う

浮気証拠写真を撮るにあたり、まずは配偶者の行動パターンを把握する必要があります。もちろん配偶者や浮気相手にバレないように撮影しなければならないため、浮気しそうなタイミングをピンポイントで狙うのが効果的です。

金曜日の夜や残業で遅くなる日など、浮気相手との密会が予想される日をあらかじめ予測しておきましょう。

浮気証拠写真はできるだけ多く撮影する

ラブホテルや自宅に入る写真が1枚だけ撮れても、十分な証拠能力があるとはいえません。また、密会場所がシティホテルだった場合、ラブホテルよりも不貞行為の証明が難しくなると考えられます。

配偶者と浮気相手の顔が撮影できてもそれがどこで撮影されたのかわからなければ意味がないため、浮気現場や状況なども含め浮気証拠写真はできるだけ多く撮影するのがポイントです。

対象者の顔がはっきりわかるように撮影する

浮気証拠写真は、対象者となる配偶者・浮気相手の顔がはっきりわかるように撮影する必要があります。誰が見ても対象者だとわかるような顔写真が求められます。

正面からの写真であっても、あまり遠くから撮影すると顔がぼやけてしまったり、画質が落ちて顔が判別できなかったりするかもしれません。

配偶者や浮気相手にバレないように近づいて写真を撮るのはバレるリスクがあるため、少しでも危ないと思ったら無理しないことが大切です。

確実な浮気証拠写真を掴むには探偵への依頼がベスト

配偶者が浮気をしている確実な証拠を掴むには、浮気調査専門の探偵事務所に依頼することをおすすめします。浮気調査のプロにまかせるメリットは次のとおりです。

•秘密厳守でいつでも相談できる
•短期間で効率よく浮気の証拠を集められる
•配偶者や浮気相手にバレるリスクが少ない
•調停や裁判において有効な調査報告書が手に入る

探偵に依頼すると費用がかかりますが、配偶者の浮気を証明するには確実な証拠が必要です。自分ひとりで証拠を集めるよりも確実なうえ、浮気調査の実績が豊富な探偵なら安心してまかせられるでしょう。

まとめ

配偶者の浮気を証明するのに浮気証拠写真は有効な証拠となります。確実な証拠を掴むことで配偶者に浮気の事実を認めさせ、慰謝料や離婚請求なども有利に進められるでしょう。

しかし、自分で浮気証拠写真を撮影するのはリスクがあり、あまりおすすめできる方法ではありません。浮気の証拠集めは自分だけでおこなうよりも、浮気調査専門の探偵に依頼するのが確実です。

配偶者の浮気に悩まされている方はひとりで考え込まず、まずは探偵事務所に相談してみることをおすすめします。

原一探偵事務所
今すぐ無料相談0120-01-3906全国・24時間・365日対応
タイトルとURLをコピーしました