父親の浮気を知った時に子供が家族にできること

父親の浮気を知った時に子供が家族にできること

こどもが父親の浮気を知ってしまった時のショックは大きく、深く傷ついてしまいます。どうしたら良いか分からず一人で悩んだり、自分がなんとかしなければと考え込んでしまうケースが多くあります。

両親を大事に思う子供なら自然なことですが、解決のためにすぐに行動に移すのは少し待たなくてはなりません。まずは母親や他の家族の気持ちを考える必要があるからです。

ここでは、子供が父親の浮気をしまった時にどうすれば良いのか、その対処法をお教えします。

父親の浮気に気付いた時にしてはいけないこと

父親の浮気に最初に気付いてしまった子供は、自分がどうにかしなければいけないと思いがちです。しかし、その言動が独り相撲にならないように気をつけなくてはなりません。

父親の浮気に気付いたときにやってはいけないことを見ていきましょう。

自分だけで解決しようとしない

「父親が浮気をしているかもしれない?」そんな時に父親の持ち物を確認したり、尾行したりと探偵が行うような浮気調査を見よう見まねで行ってはいけません。感づかれた時に父親が家族に対して用心深くなるのはもちろん、不信感を持たれてしまうリスクがあるからです。

父親を尾行したり、探偵へ依頼するという具体的な行動は一旦止めて、母親や父親や家族がいまどんな気持ちでいるのかを知ること、相手の立場にたって気持ちに寄り添うことが重要になります。

母親の気持ちを無視した行動を取らない

子供が父親の浮気に気付いている場合、妻である母親はすでに浮気の事実について気付いている可能性が高いでしょう。

母親が父親に対して浮気のことを問い詰めないのは、子供であるあなたや他の家族を不安にさせないためかもしれませんし、母親自身がこれ以上傷つかないように平静を装っているのかもしれません。いずれにせよ、母親が父親の浮気に触れないのは、母親なりの理由があるはずです。

何年も情を育んで信頼を寄せていた父親に裏切られたことから、母親が一番傷ついているはずです。子供としては母親や家族を裏切った父親のことは許せないと思いますが、これ以上母親を傷つけないために、身勝手な行動で事を荒立てないようにしましょう。

父親を感情的に問い詰めない

浮気した父親に対して感情をあらわに怒りをぶつけるの避けるべきです。感情に任せて父親を問い詰めたり怒りをぶつけてしまうと、それが引き金となって父親の心がさらに家族から離れてしまいます。家を出て浮気相手のもとに行くなど家庭崩壊を招いてしまう恐れがあります。

父親に対して今まで通りに接するのは、難しい面はありますが、できるだけ平静を装い普段どおりに接するような努力が必要です。

不倫相手に復讐しようと考えない

父親の浮気相手を憎く思うかもしれませんが、相手のもとに乗り込んだり、嫌がらせや脅迫をするのはよくありません。その行為を知った父親の心が家族からさらに離れてしまう可能性があります。

また、もし母親が事を荒立てずに問題解決をしたいなどと考えている場合は、母親のその気持ちを踏みにじってしまう恐れがあります。

また、復讐の行為によっては、あなた自身が罪に問われるリスクがあります。例えば、ネットへの誹謗中傷の書き込みは「名誉毀損罪・侮辱罪」、所有物を壊したりすれば「器物損壊罪」、住居に無断で侵入した場合は「住居侵入罪」などに問われます。

このような行為がバレたら、父親や家族も悲しむだけです。陰湿な不法行為による復讐で得する人は誰もいないということを覚えておきましょう。

父親の浮気を知ったときの子供のリアルな気持ちとは

父親の浮気を知った子供はどのような反応を示すものでしょうか。様々な感情が現われるものですが、ネガティブな感情はできるだけ少なくして、まずは家族とのコミュニケーションを取るのが良策ということを忘れてはいけません。

裏切られたという気持ちで情けなく思う

父親の発言や行動に違和感を覚えて、気づかれないように父親の携帯電話を確認したところ、浮気メールを発見してしまったというケースがあります。

母親や家族に隠れて他の女性と会っていたと思うとショックであると同時に、「家族を大事にしていると思っていたのに嘘だったのか」「今まで楽しかった思い出は何だったのか」など、情けない気持ちでいっぱいになるという方もいます。

父親のことを軽蔑してしまう

父親の浮気によって母親が苦しんでいる姿を見たり、父親の母親に対するよそよそしい態度や冷たい言動を目の当たりにすると、子供は父親のことを軽蔑の対象としてしまう傾向があります。

父親が母親よりも浮気相手を大事にしている姿が垣間見えるため、軽蔑とともに怒りの感情が湧き上がることになります。

父親のことを気持ち悪く思う

父親が浮気相手に「猫なで声で電話で話している」「愛しているとささやく」など、女性に対して男として接している姿をイメージすると、気持ち悪く思ったり、腹立たしく思うものです。

浮気を不潔なものと考える子供にとっては、父親のことが気持ち悪い存在、汚らしい存在に映ることになります。

浮気を知った子供が母親に対してできること

父親の浮気の最大の被害者は母親と言えます。家族のこれからを考えた時に母親の気持ちを重視して寄り添うことが大切です。そんな母親に対して子供ができることを確認しましょう。

父親の浮気に気付いているのか確認する

母親に、それとなく父親の浮気に気付いているのかを確認してみましょう。母親もすでに気付いていて気丈に平静を装っている可能性があるので、直接的に聞くよりも、雑談をする中でそれとなく切り出すのがよいでしょう。「お父さんのことで相談したいことがある」などの相談という形をとっても良いです。

もしも母親が気付いていないならば、父親の様子が以前と違っていないか?という確認するかたちを取ります。「父親が浮気している」という事実を子供から聞かされたのでは、母親のショックはより大きなものになるからです。

母親の味方であることを伝える

父親に裏切られて一番ショックを受けているのは母親のはずです。その母親の気持ちを理解するととともに、子供は母親の味方であることを伝えることが大切です。

母親の気持ちは孤独な状態ですので、近くによき理解者がいることを知れば、傷ついた心も少しは軽くなることでしょう。

母親を交えて家族とどうするのが良いかを話し合う

離婚をするのか、それとも関係の修復に努めるのかについて、母親の気持ちを最優先にしながら家族でベストな道を話し合うことが重要です。

家族の今後の方針を明らかにすることで、「父親も交えて家族会議を行うのか」「浮気相手に慰謝料請求するのか」「離婚を有利に進めるために探偵に浮気調査を依頼するのか」など、おのずと解決策が見えてきます。

浮気をしている父親に対してできること

浮気している父親を一方的に責めるのはNGです。これまでと変わらずコミュニケーションを取ることが重要です。とは言っても浮気をしている父親に対していつも通り接することは難しいことですが、今後も父親と良好な関係を築くためには必要なことです。

父親を一人の人間として接するぐらいの気持ちの持ちようが求められます。

家庭内に父親の居場所を作ってあげる

父親が浮気をするのは、子供には分からない原因があることも考えられます。例えば、「仕事上の人間関係のストレス」「家庭内に安らげる居場所がない」といったことがあります。

ただ、どんな事情があっても家庭が一番居心地が良いと感じてもらえれば、父親の心が家族のもとへ帰ってくる望みがあります。挨拶をする、雑談をするなど、少しでもコミュニケーションを増やして、父親に「家庭内に自分の居場所がある」と思ってもらうことです。

父親に日頃の感謝とリスペクトの気持ちを伝える

浮気している父親に対して感謝の気持ちを伝えるというのは簡単な行為ではありません。しかし、これまで育ててくれた一家の大黒柱であるのは間違いないわけですから、感謝の気持ちとリスペクトの感情を伝えることは、この局面では重要です。

それにより、父親も家族の大切さを自覚して家庭内に居場所があることを感じてもらうことが期待できます。

浮気をして欲しくない気持ちをやんわりと伝える

父親に「浮気現場を見た」「浮気は許せない」など、責めるような言動は逆効果です。家庭内に居場所がないと感じるとともに、家族に対する気持ちが離れて浮気がエスカレートする恐れがあります。

それよりも、「なぜ浮気をするようになったのか…」「浮気を止めることはできないか…」というような話しの切り出し方で丁寧に向き合いましょう。子供にやんわりと「浮気を止めてほしい」と切り出されることで、父親の心が動くケースがあります。

父親の浮気の適切な相談相手とは

父親の浮気に対して外部の専門家の意見を聞くことは有効な手段です。今まで気づかなかったような助言を得られることがありますので、積極的に活用したいものです。

身内への相談は慎重にする

父親が浮気した際に、すぐに止めさせたいとばかりに、子供が祖父母や仲のいい親戚に相談するケースがあります。相談を受けた親族は、止めさせることを強い使命だと感じて、父親に対して強硬に「浮気を止めろ!」と伝えることになります。

事情を知らない身内からの強い要望に対して、父親は頑なな態度になって、浮気をやめるどころか、家族とも不和になることがあります。身内への相談は慎重におこなう必要があります。

国が運営する相談窓口を利用する

浮気問題の専門ではありませんが、子供の悩み、こころの悩みを相談できる国(文部科学省や厚生労働省)が運営する相談窓口があります。

カウンセラーに相談することで、よりよい解決方法を見つけることができるかもしれません。

文部科学省「子供(こども)のSOSの相談窓口(そうだんまどぐち)」

厚生労働省「こころの健康相談統一ダイヤル」

探偵事務所に相談する

母親や家族と相談した結果、浮気の事実確認や証拠集めの必要があると判断した場合には、決して自分達で調査しようとはせず、探偵事務所に頼ることを推奨します。

素人の浮気調査はせいぜい携帯・パソコンを調べるまでしかできません。GPSロガーを使った車の追跡調査もありますが、これもデート場所を特定するところまでしかできません。実際の浮気現場の証拠を残すためには、探偵の尾行・張り込みなどの実地調査が必要になります。

また、探偵に相談する半数以上の人が復縁を望んでいるというデータがあります。両親の復縁を望むのであれば、一度、探偵に相談してアドバイスを受けることも有効です。

大手の探偵の中には無料で浮気カウンセリングをおこなっている事務所もあります。これまでの事例・経験から適切なアドバイスをしてくれる専門家もいますので、相談する価値はあるでしょう。

まとめ

父親の浮気を知ってしまった時のショックは大きいため、怒りに任せて感情をぶつけてしまう方や、悲しみからふさぎ込んでしまう方がいます。

しかし、そのような言動では本質的な解決はできません。今回の記事でご紹介した対処法を参考にしていただきながら、ご自身のケースにあった父親の浮気の解決方法を見つけていただければと思います。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名原一探偵事務所HAL探偵社総合探偵社AMUSE(アムス)
画像原一探偵事務所HAL探偵社総合探偵社AMUSE(アムス)
対応地域全国対応(18支店)全国対応(18支店)全国対応(9支店)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
料金トライアル:50,000円~調査員1名:7,000円~調査員1名:7,500円~
調査実績10万件~5万件~2.5万件~
ローン
クレジットカードJCB、visa、Master、AMEXJCB、visa、Master、AMEXvisa、Master、AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
タイトルとURLをコピーしました
信頼性が高い探偵を比較 お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す 47都道府県から探す