浮気の慰謝料相場とは?計算方法について解説【浮気慰謝料自動計算機】

浮気 慰謝料自動計算機
浮気 慰謝料自動計算機

浮気の慰謝料を計算する

お住まいの地域
婚姻年数
誰の浮気が原因ですか?
その浮気の継続期間
その浮気において、
相手方がどれくらい悪いと思いますか?
相手方の年収は?
あなたの年収は?

計算結果はあくまで目安です。浮気を証明できる証拠の有無や、原因の継続期間によって金額は異なります。

計算結果

浮気による離婚慰謝料を請求するには?

慰謝料請求を有利に進めるためには、浮気の証拠を集める必要があります。
「慰謝料請求したい・増額させたい」「離婚するための材料にしたい」のであれば
浮気調査に強い優良探偵に無料相談してみませんか。

浮気の慰謝料はケースによって変わるため詳細な金額を算出することはできません。
しかし、裁判所の判例をもとにした計算方法や基準となるものがありますので、ここではその慰謝料相場、計算方法、算定基準についてご説明します。

浮気の慰謝料相場や増額するために必要な算定基準や要素についてしっかりチェックしていきましょう。

浮気慰謝料の相場

浮気の慰謝料は夫婦間の状況によって金額は変わりますが費用相場は大きく3つに分けられます。

  • 離婚せずに婚姻生活を継続する場合:50~100万円
  • 別居することになった場合:100~200万円
  • 離婚することになった場合:150~500万円

この費用相場をもとに浮気のケースや婚姻状況などによって慰謝料は増減します。

浮気慰謝料を算定するための基準

浮気の慰謝料は個別にケースが違うため厳密な計算方法というものはありません。費用を算出する場合、「浮気の原因」「浮気の期間」「婚姻期間」「年収」などをもとに上記の「慰謝料自動計算機」で大まかな費用相場の算出が可能です。

さらに慰謝料を決める算定基準として以下のような要素がありますので参考にしてください。

浮気による離婚

浮気が原因で離婚することになった場合、精神的苦痛の大きさが考慮されて慰謝料は高額になります。

婚姻年数

結婚していた期間が長かった場合、浮気による精神的なダメージの大きさも慰謝料に反映されます。一方で婚姻年数が1,2年という短い場合には慰謝料は少なく計算されます。

浮気の期間

浮気の期間が長かった場合、それだけ「裏切られた期間が長く精神的苦痛は大きい」と判断されます。浮気の回数が多かったり、悪質なケースも慰謝料は高額になります。

配偶者の年収

配偶者が高収入や社会的ステータスが高いという場合は慰謝料も増額されるケースが多くなります。

夫婦間に子供がいる

家庭に子供がいる場合、慰謝料は増額されます。特に子供が幼い、子供の数が多ければ、子供の精神的苦痛も大きいと判断されるため慰謝料は高額になります。

浮気相手への慰謝料請求

浮気相手への慰謝料請求ができるかは故意・過失か?権利侵害があるか?がポイントになります。例えば「浮気相手が配偶者のことを既婚者だと知っていた」「浮気により離婚になった」という場合には、浮気相手にも慰謝料請求ができます。

ただし、すでに配偶者から高額な慰謝料を受け取ったという場合には請求できないことがあります。

まとめ

浮気による慰謝料請求をお考えならば、まずは証拠が必要になります。しかも裁判所で認められる証拠が求められます。
慰謝料請求のためにまずは無料相談から始めてみませんか。

タイトルとURLをコピーしました
信頼性が高い探偵を比較 お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す 47都道府県から探す