離婚後でも浮気調査は依頼できる?調査の必要性や慰謝料請求について

この記事でわかること
  • 離婚成立後でも元配偶者の浮気調査は可能である
  • 浮気の証拠を掴むことで元配偶者から完全に離れられる
  • 慰謝料を請求するには婚姻中の浮気の事実を証明する確実な証拠が必要
  • 離婚後の浮気調査は専門家の探偵に依頼するのがおすすめ

婚姻中は気づかなかった元配偶者の不貞行為が離婚後に発覚した場合、探偵へ浮気調査を依頼することはできるのでしょうか。

表向きの離婚理由は「性格の不一致」だったとしても、実は浮気や不倫の事実を配偶者に隠したまま離婚成立に至るというケースは少なくありません。婚姻中であれば浮気の証拠を突きつけ慰謝料を請求できますが、離婚後の場合はどうなるのか気になるところです。

この記事では、元配偶者との離婚後でも浮気調査の依頼は可能なのか、調査の必要性や慰謝料請求とあわせて解説していきます。

探偵SOS バナー

離婚後でも浮気調査の依頼は可能

夫婦関係が悪くなってきたところで元夫から離婚を切り出され、渋々サインをしてしまいました。しかし離婚後に、元夫が私との婚姻中に浮気をしていたことがわかったのです。
浮気の事実を元夫に認めさせて慰謝料を請求したいのですが、離婚後でも浮気調査をしてもらうことは可能なのでしょうか?

元配偶者との離婚に応じた後に婚姻中の不貞行為が発覚したということですね。
まず、浮気調査は婚姻中におこなうのが基本です。浮気の事実が発覚すれば相手の有責になりますので、離婚するにしても自分に有利な条件を提示できますからね。
しかし、離婚後でも探偵などの調査会社へ浮気調査を依頼することは可能ですよ。

離婚後でも浮気調査の依頼はできるのですね。
婚姻中の浮気調査と離婚後の浮気調査にはどのような違いがあるのでしょうか?

まず両者は浮気調査をする目的が異なります。
婚姻中の浮気調査は配偶者が不貞行為をしている証拠集めが目的です。一方で離婚後の浮気調査は元配偶者に「婚姻中の浮気の事実」を認めさせることが目的です。
ただし、元配偶者に対して話し合いを強制することはできないため、離婚後に過去の浮気を証明するのは難しいのが実情です。

少しでも疑わしければ、離婚する前に浮気調査すべきということですね…。

そうですね、婚姻中に浮気をしていた事実を離婚後に証明するのは容易ではありません。正式に離婚に同意する前に、浮気調査専門の探偵へ相談するのがよいでしょう。

【ポイント】

  • 離婚後でも元配偶者の浮気調査は可能だが、過去の浮気の証明は簡単ではない
  • 離婚に正式に同意する前に浮気調査をするのが有効

離婚後の浮気調査に意味はあるのか

離婚後でも浮気調査はできるけれど、やはり婚姻中の浮気調査よりは難しいことがわかりました。
離婚後に浮気調査をする意味ってあるのでしょうか…?

浮気調査をすることで、元配偶者ときっぱり離れられる場合があります。
たとえば、離婚をしていても何か理由をつけて家に居座り、なかなか出て行ってくれない元配偶者がいるとします。この場合、浮気調査をして浮気の事実を突きつければ、理不尽な要求を突っぱねて元配偶者を家から追い出すことができるでしょう。

浮気の証拠を掴むことで自分が有利になるということですね!

そのとおりです。
ただし、離婚後に婚姻中の浮気に対する慰謝料を請求するのは難しいでしょう。
慰謝料はとれなくても浮気の事実を相手に認めさせたいのであれば、離婚後の浮気調査は有効だと考えられます。

なるほど。慰謝料を取ることができればベストですが、「元夫ときっぱり離れる」「浮気を認めさせることができる」ならば、離婚後の浮気調査も意味があると感じました。

【ポイント】

  • 離婚後の浮気調査によって元配偶者ときっぱり縁を切れる場合がある
  • 慰謝料請求は難しいが相手に浮気の事実を認めさせたい場合は有効といえる
原一探偵事務所は【国内18拠点】全国どこでも調査いたします!
北海道・東北エリア 札幌 | 仙台
北関東エリア 大宮 | 川越 | 高崎 | 水戸
南関東エリア 東京(日本橋) | 新宿 | 横浜 | 千葉
中部エリア 名古屋 | 静岡
関西エリア 大阪 | 神戸
中国・四国エリア 岡山 | 広島 | 松山
九州エリア 福岡

慰謝料請求には婚姻中の不貞行為の証明が必要

元夫に浮気の事実を認めさせたいのはもちろんですが、やはり慰謝料も請求できればと思ってしまいます…。離婚後の浮気調査で慰謝料を請求することは不可能なのでしょうか?

お気持ちはよく分かります。しかし、離婚成立後の慰謝料請求は難しいケースが多いです。
慰謝料を請求するには、婚姻期間中の不貞行為を証明する確実な証拠が必要だからです。

確実な証拠とはどのような証拠ですか?

たとえば、元夫や浮気相手の自白、性行為中の写真や音声といった疑いようのない浮気の証拠ですね。こうした直接的かつ確実な証拠を集めなければならず、さらに不貞行為があなたとの婚姻期間中におこなわれていたことも証明する必要があります。

証拠集めは婚姻中であっても難しいですから、離婚後だとなおさらでしょう。

確かに、婚姻中に浮気されたと証明するのは難しそうです…。

また、慰謝料請求には時効があります。婚姻中の確実な浮気の証拠が集められたとしても、時効を過ぎてしまった場合は慰謝料を請求することができません。

●浮気(不倫)の慰謝料請求の時効

  1. 消滅時効:配偶者と浮気相手の不貞行為を知った日から3年
  2. 除斥期間:配偶者と浮気相手の不貞行為があった日から20年

配偶者の不貞行為が発覚し浮気相手も分かっている場合は3年、浮気の事実に気づかなかった場合は20年の時効が適用されます。

3年は短い…。浮気で慰謝料を請求する場合は時効のことも考えなければなりませんね。

【ポイント】

  • 離婚後に浮気の慰謝料を請求するには、婚姻中の不貞行為の事実を証明する直接的かつ確実な証拠が必要
  • 浮気の慰謝料請求には時効がある(消滅時効:3年、除斥期間:20年)

まとめ

離婚成立後に元配偶者の浮気が発覚した場合、離婚後であっても浮気調査を探偵に依頼することは可能です。しかし、慰謝料を請求するには、婚姻中に不貞行為があったことを証明する確実な証拠が必要です。できるだけ離婚前に調査をすることをお勧めします。

また、離婚後の浮気調査は元配偶者を家から追い出したい、つきまといをやめさせたいなど、相手と完全に離れるためにおこなうのが効果的でしょう。

離婚後の浮気調査は自分ひとりでおこなうよりも、浮気調査専門の探偵に依頼するのがおすすめです。数々の男女問題を見てきた経験豊富な探偵であれば安心してまかせられるでしょう。ひとりで悩まずにまずは相談してみてはいかがでしょうか。

     原一探偵事務所
今すぐ無料相談0120-01-3906全国・24時間・365日対応
タイトルとURLをコピーしました