身辺調査は自分でできる?自分で調べるリスクや探偵に依頼するメリットとは


身辺調査とは、特定の個人の普段の行動や家族関係、交友関係、就業先などを調査することです。身近な人の行動を不審に思った時に、自分で身辺調査をしようと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、身辺調査を自分ですることはリスクが多く、失敗すると思わぬトラブルになってしまうこともあります。今回は、身辺調査を自分でする方法や、リスクについて解説していきます。

身辺調査は自分でも可能か?

身辺調査というと探偵に依頼するというイメージが強いかもしれませんが、ある程度は自分で行うことも可能です。身辺調査を探偵に依頼せず、自分で調べる方法について確認していきましょう。

自分で調べる方法

自分自身で身辺調査をする場合、下記の3つが主な方法となります。

・尾行や張り込みをする
・ネット検索で調べる
・SNSで調べる

それぞれ、どのような調査方法なのか具体的に確認していきましょう。

尾行や張り込みをする

手っ取り早く調査対象者の行動を把握できるのが、尾行や張り込みです。対象者にバレないように、こっそりと尾行することで、就業先や交友関係、住所などを確認することができます。

また、事前に住居が分かっている場合は、自宅周辺の人目の着きにくい場所で張り込みをして、自宅からどこへ出かけるのかを調べることも可能です。

しかし、尾行や張り込みは簡単なようで、素人にはとても難しいものです。一歩間違うと様々なリスクも発生するため、基本的には一人で尾行や張り込みをするのはおすすめできません。

ネット検索で調べる

もっとも簡単に取り組みやすいのが、ネット検索を活用する調査方法です。

対象者の名前をネット検索することで、仕事関係や趣味、イベントなど何かの活動などで、対象者の名前がサイト上にあると、検索結果に出てくる可能性があります。

SNSで調べる

多くの人が利用しているSNSも、身元調査に使える場合があります。特にFacebookは実名で登録するため、名前を検索すれば簡単に見つかる可能性があるでしょう。

また、TwitterやInstgramは実名でやっている人は少ないですが、出身地の話や地域の話題、写真などから探せる場合もあります。ただし、自分で探すのはかなり時間と手間がかかり、結果的にまったく手がかりが見つからないという可能性もあります。

身辺調査を自分でするリスク

身辺調査を自分ですることはできますが、失敗する可能性が高く、それ以外にも様々なリスクがあります。

具体的にはどのようなリスクがあるのか、確認していきましょう。

調査対象者にバレてしまう

尾行は相手に気づかれず、かつ相手を逃さないような微妙な距離感を保ちつつ行う必要があります。しかし、プロではない素人が尾行すると距離感を保つことができず、うっかり近づきすぎてしまって相手に気付かれてしまう可能性が高いです。

対象者に尾行を気付かれてしまうと相手から不審に思われてしまい、関係性に大きく影響が出るリスクもあります。尾行は対象者の情報をたくさん得られる効率の良い調査方法ですが、素人が行うことにはリスクがあることも認識しておきましょう。

プロのような調査は難しい

自分で尾行をして調査対象者にバレなかったとしても、プロのように確実な情報を得られる可能性は低いです。

その理由のひとつに「尾行中の事故」があります。例えば、車を使って長距離尾行する場合、プロの探偵はドライビング技術を駆使して、事故を起こすことなく尾行することができます。

一方素人の場合、尾行に夢中になるが故に信号無視などをしてしまって大事故に遭ってしまう可能性も大いに考えられます。また、夜に野外写真を撮影しようと思っても、自分が持っているスマホの写真機能や通常のデジカメでは、夜間の写真は上手く撮影できません。

一方で、探偵が使用するカメラ機材は暗闇でもはっきりと対象者を撮影できる高性能のものを使っているため、裁判でも使えるような証拠写真を撮影することができるのです。

違法行為になる可能性がある

実は素人が個人的に尾行や相手の素行調査をすることは、一歩間違えば「ストーカー」や「プライバシーの侵害」といった違法行為になる可能性があります。

「では探偵もプライバシーの侵害になるのでは?」と思うかもしれませんが、探偵業法の第二条に探偵の定義として「依頼主の希望に基づき、探偵等が調査対象者の行動や発言の調査を目的として、張り込み、聞き込み、尾行、その他の必要な情報収集をすること」と定められています。

したがって、依頼されて行動している探偵は、法律的なバックアップがあるために、素人よりも込み入った調査が可能なのです。

【参考】:探偵業の業務の適正化に関する法律

身辺調査を探偵に依頼するメリット

身辺調査は自分ですることも可能ですが、素人の調査には様々なリスクがあるため、できれば探偵に依頼することをおすすめします。

身辺調査をプロの探偵に依頼する具体的なメリットを確認していきましょう。

調査対象者にバレにくい

プロの探偵に依頼すると、まず調査対象者にばれないことが大前提での調査となります。

プロならではの尾行や張り込みのテクニックを駆使し、少しでも顔が覚えられる危険性がある場合は他の調査員と交代するなど、リスクを徹底的に排除した調査を実施してくれます。

確実な証拠写真が入手できる

素人が夜間や遠くにいる人物を撮影しようとしても、スマホや簡単なデジカメでは人物の見分けがつかない写真しかうつらないケースが多いです。

その点、プロの探偵は様々な状況に対応できるように調査機器にもこだわり、暗闇でも撮影可能な暗視カメラや、かなり遠くまで撮影可能な望遠レンズなど、様々な機器を用意しています。

それらの高性能な機器により、裁判でも使えるようなはっきりとした証拠写真の入手が実現可能になるのです。

依頼者の手間が一切かからない

探偵に一旦依頼してしまえば、あとは探偵からの報告を待つだけです。

いつ動くか分からない調査対象者の張り込みや尾行に自分の貴重な時間を費やす必要もありませんし、見つかったらどうしようという余計なストレスを抱えることもありません。

プロにお任せしておけば、効率よく調査を終わらせてくれるでしょう。

身辺調査を探偵に依頼するとどこまで調べてくれる?

探偵であればなんでも調べてくれるように感じてしまいますが、実は探偵業法では「調査してはいけないこと」もきちんと定めています。

では、探偵が調べられること調べられないことを整理していきましょう。

調べられること

探偵が調べることができるのは、下記のような内容です。

・自宅住所
・家族構成
・勤務先
・交遊関係
・異性関係
・休日の過ごし方
・ギャンブル歴
・消費者金融の利用
・病院の通院歴
・近所の評判
など

基本的に、尾行で調査できる範囲のことであれば調査可能ということになります。そのため、借金をしているかは消費者金融等の出入りで分かる場合があるものの、具体的な借金の金額などは調査することができません。

探偵でも調べることが難しいこと

探偵でも調査が難しい項目は、探偵業法や法律で違法とされていることです。具体的にはどのようなことを調べることができないのか、確認していきましょう。

国籍や差別につながる調査

国籍や差別につながる調査は、探偵業法 第七条で明確に禁止されています。

探偵業法 第七条
探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするときは、当該依頼者から、当該探偵業務に係る調査の結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いない旨を示す書面の交付を受けなければならない。

調査対象者の自宅住所や勤務先についての調査は可能ですが、国籍や差別に係わる調査を依頼することができません。

DV加害者・ストーカー目的の調査

DVやストーカーの被害者が、加害者が雇った探偵に身辺調査されてしまえば、被害をますます増大させてしまうことに繋がりかねません。

このように、依頼者の目的が「犯罪行為」に関係する可能性がある調査も、探偵は引き受けてくれません。

違法な手段での調査

調査対象者の自宅住所であれば尾行で調査可能ですが、さらに住民票や戸籍謄本の内容を確認するといった調査は依頼できません。なぜなら、住民票や戸籍謄本を本人になりすまして不正に入手することは違法行為ですので、探偵が調査することはできません。

また「盗聴器をしかける」といったことも違法行為となるので、調査できません。

ほかにも、対象者の下記のような個人情報も探偵は調査できません。

・借入額
・借入残高
・借入時期
・支払い状況
・ブラックの有無
・現時点で銀行口座に残っている金額

上記のように、詳細な借金の状況や個人信用情報の内容については、探偵には調べることができません。

ただし、消費者金融を利用しているかどうかは探偵の尾行で分かる場合もありますので、どうしても借金が気になる場合は、尾行で調査してもらうことをおすすめします。

まとめ

身辺調査を行う際は、自分で行おうとすると期待した成果が得られないばかりか、大きなリスクを背負ってしまう可能性もあります。確実な身辺調査をするなら、探偵に依頼することをおすすめします。

また、探偵にも調査できることできないことがありますので、それらを踏まえた上で依頼するようにしましょう。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名原一探偵事務所HAL探偵社総合探偵社AMUSE(アムス)
画像原一探偵事務所HAL探偵社総合探偵社AMUSE(アムス)
対応地域全国対応(18支店)全国対応(18支店)全国対応(9支店)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
料金トライアル:50,000円~調査員1名:7,000円~調査員1名:7,500円~
調査実績10万件~5万件~2.5万件~
ローン
クレジットカードJCB、visa、Master、AMEXJCB、visa、Master、AMEXvisa、Master、AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
タイトルとURLをコピーしました
信頼性が高い探偵を比較お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す47都道府県から探す