単身赴任中の夫の浮気調査の方法とは?浮気の見抜き方・やってはいけないことも解説

この記事でわかること
  • 単身赴任中の夫の浮気調査は「約束をせずに会いに行く」などの方法がある
  • 夫の車にGPSを勝手に取り付ける行為は犯罪でありNG
  • 単身赴任中の浮気調査を成功させるなら探偵に依頼することが確実

「単身赴任している夫に浮気の兆候が見られる…」これは、探偵事務所によくある相談の一つです。女性の直感は鋭いせいもあってか、その場合、約70%以上の確率で夫は浮気しているというケースが見られます。

もしも単身赴任中の「夫の浮気を突き止めたい」「浮気相手を知りたい」と思ったら、まずは焦らずにじっくりと事実確認をしましょう。そして、浮気がクロである可能性を高いと感じたら、探偵に依頼して証拠を残すことも一つの方法です。

この記事は単身赴任中の夫の浮気の見抜き方、調べ方、さらには探偵に依頼する際の確認事項についてもご説明します。ぜひ参考になさってください。

目次

単身赴任中の浮気を見抜く7つのチェックポイント

単身赴任中の夫の浮気を疑わしいと思っても、気軽に探偵事務所に相談する方ばかりではないでしょう。まずは浮気をしているかを慎重に見極めることが大切です。

ここでは単身赴任中の浮気を疑った際の、7つのチェックポイントを用意しました。
まずはこれらにいくつ当てはまるか、セルフチェックをおこないましょう。

また、これまで夫の浮気を疑ったことがなかったとしても、以下の項目に多く当てはまるようであれば、注意が必要かもしれません。

赴任先から家に帰る回数や連絡してくる回数が減った

単身赴任先から家に帰ってくる回数や連絡の頻度が急に減ったのであれば、それは浮気の兆候かもしれません。「土・日も仕事だ…」「職場の行事がある…」「ゴルフ接待がある…」といった理由で休日でも帰ってこない場合は怪しいでしょう。

また、これまでと違って、「連絡してくる回数が減った」という場合も浮気の兆候と言えます。

夫との連絡の回数や帰宅した日を記録しておく事で、それらの頻度の減り方が明らかになります。このような行動記録のメモを残しておくことで、浮気の行動パターンを把握することができるかもしれません。

ZOOMやスカイプによる通話を避けるようになった

単身赴任を始めた当初はZOOMやスカイプなどを使って対面でオンライン通話による近況報告をしていたにも関わらず、それを拒むようになった場合は何か隠したい事があると考えられます。

例えば、部屋に浮気相手のものが置いてあったり、インテリアが浮気相手好みに変わっていたり、すでに浮気相手と半同棲している可能性だってありえます。

オンラインによる通話を拒み、LINE通話やeメールで連絡してくるようになったら、浮気を疑うべきでしょう。そのような場合はアポなしで直接家を訪問し、確認するしかありません。

電話をしても出ない、LINEをしてもすぐに返信がない

これまでは電話をしたらすぐに応答していたのが、「電話に出ないことが増えた」「すぐに折り返しがない」といったことが続く場合も怪しいです。

また、LINEをしても「既読にならない」「返信が遅い」といった場合も同様です。レスポンスの遅さは、あなたが大事にされていないことの現れです。夫は浮気相手とのコミュニケーションを優先している可能性大です。

家や家族のことに無関心になった

しばらくぶりに会っても「家や家族の状況などは最低限のことしか聞かない」「妻との会話が少ない」といったように無関心な態度も怪しむべきでしょう。

さらには「帰りの日時や予定をやたらと聞いてくる」「早めに帰ることを促すような態度」を取るようならば、浮気はほぼ確実かもしれません。夫の頭の中は、妻が帰った後の浮気相手との過ごし方のことばかりを考えているかもしれません。

赴任先への訪問日時を事前に指定してくるようになった

以前は「いつ来ても構わないよ」と言っていたのが、急に「空いている日はいついつだ…」などと、日時を細かく指定してくることがあります。

その際は、何か予定があるのかと聞いてみましょう。適当に誤魔化したり、はぐらかそうとする場合は、単身赴任先での浮気の可能性があります。

あなたとの時間よりも浮気相手との時間を重視しているのでしょう。

夫の持ち物とは思えないものが部屋の中にある

単身赴任中の夫の家を訪れた際に、これまで見たことが無いようなものが置いてあった場合はそれについて確認する必要があります。

それが浮気相手の持ち物である場合や、浮気相手に影響されて購入したケースも考えられます。また、新しい洋服や髪型が変わっていた場合も同様のことが言えます。

質問した際に、目を合わせなかったり、回答が支離滅裂だったり、強く否定的な態度を取るようならば、浮気が疑われます。

いつもスマホばかりをチェックしている

単身赴任中の夫と一緒にいるときに、「いつもスマホを見ている…」「時折画面をタップしてメール送信しているようだ…」といった場合も疑わしいでしょう。

また、スマホ画面をできるだけ見られないように隠しながら操作している場合は、妻に見られたくない内容、つまり浮気相手と連絡を取り合っている可能性があります。

そのとき、あなたと一緒にいても”心ここにあらず”といった感じならばなおさらです。

単身赴任中の浮気を自分で調査する方法

単身赴任中の夫の浮気を一度でも疑ってしまったら、その真相を知りたいと誰もが思うことでしょう。

ここでは自分でもできる浮気調査の方法を紹介します。

浮気をしていると思われる時間帯に電話をしてみる

前述したように「行動記録」をメモに残して、浮気の可能性がある日時を推測します。

その怪しい時間帯を狙って電話をかけてみるという方法があります。「電話に出ない」「会話もそこそこにすぐに電話を切ろうとする」などの態度が何度か続くようなら、浮気はクロ確定でしょう。

約束をせずに突然会いに行ってみる

夫の単身赴任先の住まいに突然訪問してみるのも効果的な手段です。本来は家に居る時間帯のはずなのに、夫が不在であれば疑惑はさらに深まります。また、訪問したら浮気相手が家にいたということもありえます。

突然の訪問には勇気が必要ですが、浮気の確証を掴むためには避けて通れません。

週末の予定や居場所をチェックする

家に帰ってこない週末は夫にとってまさに浮気のゴールデンタイムです。今週末は何をしているのか?どこにいるのか?を詳しく聞くようにしましょう。

返ってくる答えが曖昧であったり、後日「あの日は何してたっけ?」と質問した際に、違う答えが返ってくるようなら、浮気の可能性が高いと言えます。

クレジットカード明細をチェックする

単身赴任時にはクレジットカードの住所変更はしないことが多いので、明細は自宅に届くはずです。

支払い項目の中にデート時に使用したと思われる、「宿泊費」「食事代」「旅行代金」などの記載があれば、日時も合わせて確認しましょう。

ただし、クレジットカードの明細を勝手に開けることで、ケンカやトラブルになる可能性がありますので、浮気がクロだと確定した場合に、明細チェックは行いましょう。

SNSをチェックする

夫のSNSを定期的に見ることで、浮気を発見できる可能性が高まります。

単身赴任を始めてから新しい趣味ができたり、観光地や娯楽施設へ行くことが増えたのであれば、そこに浮気相手の存在があるかもしれません。

使用するハッシュタグを追跡することで、共通のタグを使用した浮気相手の投稿が見つかることもあります。

単身赴任中の夫の浮気調査でやってはいけないこと

ここまで単身赴任中の夫の浮気調査の中で、ご自身でできる方法を紹介しました。注意が必要なのは、調査の方法として「やってはいけないこともある」ということです。

ここでお伝えする方法で浮気調査を行った場合、それにより得た証拠は裁判や朝廷で認められず、それどころか違法行為として逆に罪に問われることさえあります。

禁止されている項目とその理由も合わせてお伝えしますので、よく覚えておいてください。

SNSやメールの中身を勝手に見る行為

夫のスマホやパソコンを勝手に開いて、SNSやメールの履歴を確認することは、たとえ家族であっても、「プライバシー権侵害」に該当します。

また何らかの方法で夫のアカウント情報やパスワードを入手して自身のデバイスでログインすることは、「不正アクセス禁止法」に抵触する行為です。

GPSやボイスレコーダーを使う行為

夫の所有する自動車にGPSやボイスレコーダーを設置し、行動を把握しようとしたり、音声を入手することも、「プライバシー権侵害」に該当します。

またボイスレコーダーや小型カメラを部屋に仕掛けるために、夫に無断で単身赴任先に入室するのもやめておきましょう。この場合、後で揉めた際にプライバシー侵害と合わせて、「住居侵入罪」に問われる可能性があります。

尾行する行為

屋外や公共施設など、住居外の場で相手の行動を見るだけであれば、基本的にプライバシー侵害には該当しません。

ただし、パートナーとの関係性が「夫婦」でなく「カップル」「友人」だという場合は注意しましょう。家族以外の関係で尾行をおこなった際、相手に気づかれ通報された場合「ストーカー禁止法」に抵触する可能性があるからです。

また素人が尾行をすると相手にバレる可能性が高いです。これも揉める要因になりますので、一般の人が尾行をすることはおすすめできません。

単身赴任中の浮気調査は探偵に依頼する方がいい理由

上でご紹介したように、単身赴任中のパートナーの浮気調査をご自身でおこなおうと考えた際、案外できることが少ないと感じたのではないでしょうか?

すでにお気づきかもしれませんが、決定的な浮気の証拠を得る方法は、「浮気の現場に遭遇する」以外ほとんどありません。

そうなると、いよいよ探偵に浮気調査を依頼するという選択肢が現実的になります。ここからは、単身赴任中のパートナーの浮気調査を探偵に依頼する方が良い理由について、考えていきましょう。

探偵業法を遵守した調査ならば安心して依頼できる

上の章で、浮気調査で気をつけなければならない禁止行為についてお伝えしました。すると「探偵による調査は合法か違法か?」という疑問を持たれる方もいるでしょう。
結論、探偵による浮気調査は合法です。

日本には探偵の業務や届出等について記した「探偵業法」という法律があり、それには以下のように明記されています。

この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。(出典:探偵業法 第2条)

この法律によると探偵による浮気調査は「聞き込み」「尾行」「張込み」と、これらに類する方法に限り認められていることが分かります。

尚、先に紹介したようなプライバシー侵害や住居侵入罪に該当する方法は、探偵であっても認められません。これについても同法に明記されています。

探偵業者及び探偵業者の業務に従事する者(以下「探偵業者等」という。)は、探偵業務を行うに当たっては、この法律により他の法令において禁止又は制限されている行為を行うことができることとなるものではないことに留意するとともに、人の生活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害することがないようにしなければならない。(出典:探偵業法 第6条)

これに反した場合、該当行為をおこなった探偵は業務許可が剥奪されるのはもちろん、その方法により得た浮気の証拠は法廷で認められない可能性が高いでしょう。

浮気調査を探偵に依頼する際は、正しく届出をおこない、探偵業法に則って調査をおこなう事務所に依頼しなければならない、ということだけ覚えておきましょう。

そうすることで、法的に認められる浮気の証拠を集められる可能性が高まります。

夫が浮気をしていなかった場合でも調査がバレない

妻からすると夫の言動に疑問を持つと、「浮気をしているだろう…」と決めつけがちです。しかし、実際に証拠がない場合、夫は浮気をしていない可能性もあります。

部署異動、会社の方針などが変わって、仕事が忙しくなって土日出勤や平日夜の接待が増えるというケースもあります。そんな中で、浮気を疑っていろいろ問い詰めたり、自分で調査をしてバレることがあれば、夫婦関係は険悪になることでしょう。

探偵に依頼すれば、浮気の事実の有無を夫にバレること無く調査してくれます。調査を秘密裏にすることで、もし夫が浮気をしていない場合でも夫婦関係にヒビが入ることもないでしょう。

経験豊富な探偵ならば調査はほとんど失敗がない

単身赴任中の夫の浮気調査を探偵に依頼した方がいい理由の2つ目は単純で、探偵が調査のプロだからです。

探偵には浮気調査や人探しなど、相談者からの依頼を受けて調査を実施した豊富な経験があります。実績がある探偵ならば浮気調査の成功率は90%以上で失敗はほとんどないと言われています。

浮気調査ではまず、基本的な調査方法である「尾行」「聞き込み」「張込み」の技術が必要です。さらに浮気相手の特定やその身元の調査、法廷で有効な証拠集めが必要ですが、これらは素人には到底不可能な調査でしょう。

素人の中途半端な浮気調査がバレて失敗すれば、それを理由に離婚を切り出されたり、夫と浮気相手の警戒心が高まり、証拠を掴めなくなる可能性もあります。

そのため、単身赴任中のパートナーが浮気している可能性が高いと感じた場合は、経験豊富な探偵に相談するのが良いでしょう。

単身赴任中の夫の浮気調査を探偵に依頼する際の確認事項

実際に探偵に浮気調査を依頼しようと考えた時、その費用面や契約に関することも気になるところです。ここでは、探偵に依頼する際の確認事項についてご説明します。

探偵の浮気調査の費用相場

探偵業界は料金は一律ではありません。事務所によって費用や料金体系(プラン)は変わります。
参考として、浮気調査の費用相場を以下の表に記載しました。

時間制料金1〜3万円/1時間 × 調査員人数
パック制料金20時間で40〜50万円
30時間で60〜70万円
40時間で80〜90万円
成功報酬型料金100〜200万円

この料金にプラスして、出張費や交通費、機材費がかかります。

また探偵によって調査の考え方は異なりますので、当然、費用やプランは異なります。いくつかの事務所に見積りを出してもらって比較検討してみるのが良いでしょう。

また、費用の安さばかりを重視せずに、調査の提案内容や実績・経験など総合的な面で選ぶことが浮気調査の成功方法であることも忘れてはいけません。

何度でも相談無料の探偵事務所を選ぶこと

ほとんどの方にとって、探偵に調査を依頼するというのは初めての経験となるでしょう。そのため「相談するかしないか」で悩んでしまう方も多いようです。

浮気調査は知人や家族には相談しづらいデリケートな問題であることは間違いありませんので、専門家である探偵にあれこれ聞きたいことも出てくるでしょう。

その際気になるのは相談料です。ほとんどの探偵は初回の相談は無料でおこなってくれます。しかし、後で「これも聞きたい」「あれも聞いておけばよかった」など疑問点が出てくるものです。

探偵の中には何回でも相談無料という事務所もあります。そのような事務所ならば、聞き忘れがあっても、安心して相談出来るでしょう。

まずは「何回でも相談無料」という探偵事務所をいくつかピックアップしてから相談してみることをお勧めします。

単身赴任の浮気調査に最適な提案をしてくれる事務所を選ぶこと

単身赴任の浮気調査の場合、依頼人(妻)と対象者(夫)の住所が違うため、どちらの所在地にある探偵を選べばいいのか迷うことでしょう。その場合、全国にネットワークを持つ大手探偵が最適です。

大手探偵ならば主要な都市には支店を設けていますので、依頼人は相談しやすく、実際の調査も対象者の居住地の近くにある支店の調査員が対応してくれます。出張コストなどを省くことができて、合理的に調査がおこなえます。

大手探偵事務所ならば、依頼者の悩みや解決したいことを聞いて最適な調査方法を提案してくれます。また、「調査力が高い」「実績・経験豊富」「適正費用」「追加料金なし」など、安心して依頼できる事務所が多いのが特徴です。

まとめ

単身赴任中の夫に浮気の兆候が見て取れたら、離れて暮らす妻にとっては気が気でならないでしょう。浮気が真実かどうかを知るためには、慎重に行動しなくてはなりません。

ある程度疑わしいという証拠が揃ったら、問い詰めるのも一つの方法ですが、うまく言い逃れされる可能性もあります。「事実が知りたい」「浮気相手を突き止めたい」と思ったら、探偵に依頼して浮気調査をするほうが良いケースもあります。

単身赴任の夫の浮気でお悩みならば、一度、探偵に相談してみると良い解決方法が見つかるかもしれません。探偵SOSでご紹介する優良な事務所に相談してはいかがでしょうか。

おすすめの探偵事務所3選
事務所名原一探偵事務所総合探偵社クロル総合探偵社AMUSE
画像原一探偵事務所総合探偵社クロル総合探偵社AMUSE
対応地域全国対応(18支店)全国対応(4支店)全国対応(9支店)
対応時間24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談24時間・電話無料相談
料金トライアル:55,000円~最安値:66,000円~調査員1名:8,250円~
調査実績10万件~2.4万件~2.5万件~
ローン
クレジットカードJCB、visa、Master、AMEXJCB、visa、Mastervisa、Master、AMEX
事務所詳細事務所詳細事務所詳細事務所詳細
電話相談電話無料相談電話無料相談電話無料相談
メール相談メール無料相談メール無料相談メール無料相談
営業中
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
【営業中】電話相談できます!
タイトルとURLをコピーしました
信頼性が高い探偵を比較お住まいの地域から検索
大手探偵事務所から探す47都道府県から探す