心の浮気は許せますか?「気持ちのつながり」が浮気で最も危険な理由

心の浮気は許せますか?「気持ちのつながり」が浮気で最も危険な理由

大切なパートナーがいるにも関わらず、ふとした出会いからお互いに魅力を感じ、肉体関係を持つことで成立する浮気。そんな浮気もいつしか肉体だけでなく気持ちのつながりができ、心の浮気に発展することがあります。

心の浮気は肉体だけのつながりとは違い感情が伴うので、いつしか本気の恋となり歯止めが効かなくなる可能性があります。

今回はそんな心の浮気について、気持ちのつながりが浮気で最も危険な理由についてお伝えしていきましょう。

探偵SOS バナー

心の浮気と体の浮気の違いとは

体の浮気とは

一般的に浮気というのは、パートナーがいるにも関わらず、愛情を向ける対象が変わってしまい、その相手と肉体関係が絡むことを指します。

体の浮気は基本肉体関係のみで成立しており、そこに恋愛感情などの気持ちは働いていません。肉体関係だけなのでお互いさっぱりしており、相手のことを深く知ろうとしたり、気持ちを確かめるなどの行為はおこないません。

体の浮気は、お互い求めるもの(セックス)が合致している状態ですので縛りがなく、ある意味自由に振る舞いあえる関係と言えるでしょう。

心の浮気とは

次に心の浮気ですが、こちらは「肉体関係を持ったうえで、いつしか恋愛感情が働き心の浮気になる」「肉体関係は無いが恋愛感情が働く」という2つのパターンがあります。

定義は様々なので一概には言えませんが、肉体関係無しの心の浮気は純粋に相手に対して恋愛感情を抱いています。そこには、「お互いに心を寄せ合っているケース(両思い)」と「一方的に心を寄せているケース(片思い)」があります。

お互いに心を寄せ合っている場合は、恋人のような雰囲気になり、デートを重ねたり手をつないだりという純粋な恋心が育まれます。一方的に心を寄せている場合は、片思い状態ですので、相手に気持ちを知ってもらおうと様々な方法でアピールをします。

肉体関係があるうえでそこから恋愛感情に発展する心の浮気は、「相手のすべてを深く知りたくなる」「独占欲が湧き上がる」という気持ちが強くなります。

そのため、相手のパートナーに敵対心を剥き出しにすることがあります。いつしかドロドロとした関係性のもつれになるのはこのパターンが多いと言えるでしょう。

心の浮気が夫婦の破局につながる危険な理由

体の浮気は肉体関係でつながっており愛や恋といった感情は働いていませんが、心の浮気は愛や恋といった感情が働いている分やっかいな展開になります。

心の浮気は「相手のすべてを知りたい」「すべてが欲しい」という独占欲に支配されるので夫婦間の溝は広がっていき、パートナーへの興味が薄れてしまうケースがほとんどです。

心の浮気が“夫婦の破局”につながる危険な理由について様々な角度から考察していきましょう。

浮気が本気になる

恋愛感情というのは人間が持つ感情のなかでも特にコントロールするのが難しく、好きという気持ちはまず止めることができません。

最初は浮気だったものが本気になったとき、気持ちのすべては浮気相手に向かい今のパートナーへの気持ちは薄れてしまい愛情は喪失していきます。

浮気が本気になったとき、これまでの関係性は薄れ夫婦の破局につながりやすくなります。体の浮気と違って心の浮気は”本気になる”のがやっかいで怖いところです。

浮気の実態が分からないため不安が増幅して心が離れる

浮気というのは本来してはいけない行為だということは、本人は重々承知です。そのため、浮気をしている確信犯の当人は、浮気がバレないようにあらゆる方法で隠そうとします。

ただでさえバレにくい心の浮気ですが、うまく隠されると浮気の実態はさらに不明確です。何かがおかしいと感じるものの決定的な証拠はないため、分からずじまいです…。

そうなると次第に、気持ちが離れ、夫婦としての愛情も冷めてゆき、距離を取ろうとすることが多くなります。心が離れてしまう仮面夫婦のようになり、いつしか夫婦としての破局を迎えることになります。

気持ちがつながると相手と別れない

愛や恋といった恋愛感情はとても根深く、一旦好きになると余程のことがない限り相手とつながり続けようとします。心の浮気は相手のすべてを求めだすので、歯止めが効かなくなりいわゆる「ぞっこん」状態になります。

そのように相手と気持ちがつながると自分でも感情のコントロールができなくなるので、相手と別れるよりも今の夫婦間を解消しようという気持ちが働きやすくなります。

妻(夫)に関心を示さなくなる

心の浮気はいつでも浮気相手のことが気になり思いが膨らんでいる状態ですので、妻や夫といったパートナーにほとんど関心を示さなくなります。

夫婦としての性交渉はもちろん、ありません。パートナーが何に興味を持っているのか?どのようなことに関心があるのか?ということに興味が一切向かなくなります。

関心を示さなくなるのは、心が離れている状態ですので、夫婦の破局につながりやすくなるのは間違いありません。

離婚の危機が高まる

心の浮気は、「相手を自分のものにしたい」「ずっと一緒にいたい」という気持ちが段々強くなり、気持ちの制御が効かなくなります。それゆえに夫婦間の関係性が乏しくなります。冷めた状態が続くと次第に、離婚というキーワードがちらつきます。

基本的に人は恋愛感情を一人の人にしか抱けないものです。「恋愛感情」「気持ちのつながり」が浮気相手に向いた時に、離婚の危機が高まるのは必然と言えるでしょう。

イライラや暴言が多くなる

恋愛感情が強く浮気相手に傾いている場合、夫婦間のコミュニケーションは乏しくなり、小さなことで言い争いになることが増えます。

ほんの少しの時間だけでも「好きな相手に会いたい」「声を聞きたい」と思っても叶わないことに感情が高ぶります。そして、気持ちを寄せていない人と一緒にいること自体に嫌悪感を抱くようになります。

イライラする態度や暴言が増えることで、夫婦間には元に戻せないほどの亀裂が生じ、夫婦の破局につながりやすくなります。

原一探偵事務所は【国内18拠点】全国どこでも調査いたします!
北海道・東北エリア 札幌 | 仙台
北関東エリア 大宮 | 川越 | 高崎 | 水戸
南関東エリア 東京(日本橋) | 新宿 | 横浜 | 千葉
中部エリア 名古屋 | 静岡
関西エリア 大阪 | 神戸
中国・四国エリア 岡山 | 広島 | 松山
九州エリア 福岡

心の浮気への対処法

心の浮気への対処法

肉体関係よりも深く、最悪は破局して離婚の可能性もある心の浮気。

パートナーが「心の浮気をしている」ことを知ったときには、ショックは甚大です。ある意味、「体の浮気」を知ったときよりも苦しくて悲しい気持ちになります。感情は揺さぶられ世界が終わるような感覚に飲み込まれることもあるでしょう。

そんなとき、どのように対処していくことが必要なのでしょうか。自分をしっかりと支えるために、心の浮気への対処法についてお伝えします。

感情的にならずに話し合う

パートナーの心の浮気が発覚したとき、多くの場合、裏切られたことにより、自分が壊れてしまうような激しい感情の揺さぶりが起こります。そしてその感情を抱いたままパートナーに詰め寄ると、夫婦間に深い亀裂が入るため修復は難しくなります。

まずは一刻も早く自分を取り戻し冷静になり、気持ちを落ち着かせて話し合いをすることが大切です。

浮気には必ず原因があり、それは普段の生活の中での些細なすれ違いによるものかもしれません。感情的にならずしっかりと話し合う時間を持つことで、お互いのズレやすれ違いがわかり、夫婦間の修復への希望を持つことができるでしょう。

心の浮気をしたパートナーを許す

心の浮気を許すというのは相当な覚悟と気力がいるものです。それでも、関係性を取り戻したいのであれば、「許す勇気」が必要です。

その際に重要なのは、感情的にならずに「淡々と叱る」「本音を伝える」ことです。しっかり叱ることで反省が促され、またなぜ心の浮気にいたったのか?その原因がわかる場合もあります。

時間が解決することもあるので、“ゆっくりと許していく”ことで、関係性の改善がなされていきます。

原因が家庭内であれば心の浮気をさせてしまったという自分の落ち度もしっかり認め、改善しながら真っ直ぐ向き合っていく度量が必要になるでしょう。

こまめにコミュニケーションをとる

心の浮気は夫婦間の関係が冷めてきたとき、気持ちが離れてきたときに起こりやすいものです。相手が心の浮気をしていることを知ったことで、やみくもに怒ったり、コミュニケーションを避けるのは逆効果です。そうなると、お互いの溝は深まるばかりです。

そんなときこそ意識してコミュニケーションを取ることです。例えば、パートナーがしてくれたことに対して「ありがとう」という言葉を丁寧に添えるだけで、気持ちの良い関係性が成り立ちます。

こまめにコミュニケーションをとる、連絡を密に取ることパートナーの大切さがわかり、改めて思いやりを持つことは少なくありません。

カウンセリングを受けて頭の中を整理する

パートナーの心の浮気が発覚したときには、感情が高ぶり心を取り乱し、自分をコントロールすることが難しくなります。何をしたらいいのか?混乱して答えがでずに自暴自棄に陥ることも少なくありません。

そんなときに「頭の中を整理する」「高ぶった感情を落ち着かせる」ために、カウンセリングなどを受けるのは効果的です。

カウンセラーに話を聞いてもらうことで思考と感情が整い、これからやるべきことの道筋が見えてきます。取り乱して混乱しているときこそ、「心の問題の専門家」のようなプロに頼ることで、本来の自分を取り戻すことができることがあります。

夫や妻の心の浮気相手に対して我慢できないというときには、探偵事務所のカウンセラーに相談するという方法もあります。大手の探偵なら、浮気カウンセリングのプロが常駐しており、相談にのってくれます。

まとめ

「心の浮気」は恋愛感情が伴うため、肉体関係のみの「体の浮気」よりも状況は複雑です。

浮気相手といつでも一緒にいたい、いつでも声を聞いていたいなど心奪われるので、夫婦関係の破局は常に隣り合わせになります。

最も危険と言われる心の浮気。今回お伝えしたことを片隅におきながら、夫婦間に亀裂を生じさせないように様々な工夫が必要になるでしょう。

原一探偵事務所
今すぐ無料相談0120-01-3906全国・24時間・365日対応
タイトルとURLをコピーしました